保湿には油分ケアが必要不可欠!顔の粉吹きや乾燥肌はクリームで解決!

「顔の粉吹きが気になる…」、「乾燥肌をなんとかしたい…」。紫外線や乾燥した空気、加齢など、私たちのお肌の調子は様々な原因に左右されています。

そんな私たちのお肌を守るために欠かせないスキンケアアイテムがあります。それは保湿クリームです。みなさんは、顔のスキンケアの最後にクリームを使っていますか?

今回は粉吹きや乾燥肌を改善する、クリーム選びのポイントをお伝えします。

粉吹きや乾燥肌にはクリームが必要不可欠!クリームの役割とは?

クリームはお肌の潤いが外へ逃げていかないように、油分の蓋をつくるはたらきや、外的刺激からお肌を守るはたらきがあります。

私たちのお肌は、水分と油分のバランスによって保たれています。

潤いのある美肌をキープしている方は、古い細胞を排出し、新しい細胞を生み出すというお肌の生まれ変わりのサイクルが正常に機能している証拠です。

しかし、様々な原因から、お肌の土台となるターンオーバーは乱れやすいため、つくられる細胞が潤い不足であったり、外へ排出されるべき角質がお肌に居残ってしまうことがあります。

粉吹きは、乾燥による潤い不足から、もろくなった角質が剥がれかけている状態です。ターンオーバーが正常に機能していれば、粉吹き状態にはなりません。

当然、潤い不足の未熟な細胞で構成されたお肌は不安定で揺らぎやすく、乾燥を招きます。こういったリズムの乱れから、乾燥肌はどんどん進行してしまうので、1年中乾燥肌や粉吹き状態から抜け出せないという方も少なくありません。

また、加齢によってもターンオーバーのリズムは乱れて、潤い成分の生成量は減ってしまうので、私たちはスキンケアで潤いを与える必要があるのです。

その中でも、クリームは最も重要な保湿アイテムです。特に、乾燥肌や粉吹き状態の方は油分が明らかに足りていません。油分なくして保湿はできないのです。

また、どちらかというと水分不足よりも、油分不足の方がお肌にとっては深刻です。油分を補うことで、潤いだけでなく、外的な刺激からもお肌を守ることができるからです。

私は美容部員の経験がありますが、例えば、化粧水・乳液・クリームでしっかりとお手入れをしていた方が、クリームの保湿力を高めたらお肌の調子が良くなったというケースや、普段化粧水のみでお手入れをしていた方がクリームを1つプラスしただけで乾燥肌や粉吹き状態が改善されたというケースもとても多いです。

また、クリームは有効成分を取り込みやすいという利点もあります。化粧水は水溶性の有効成分しか取り込めませんが、クリームには水溶性も、油性の有効性分もギュッと濃縮できます。

そのため、クリームはバランスよく潤いを与えることができるのです。

例え話ですが、化粧水とクリームのどちらかしかお手入れに使えないという状況になったら、クリームを選びましょう。

化粧水は水分なので、一時的には潤いますが、時間が経つと蒸発してしまいます。化粧水のみのお手入れだけでは、潤いが持続しないのです。それってすごく勿体無いことですよね。

どんなに良い化粧水も、結局は油分がなければ効果を発揮できないのです。

そのため、乾燥肌や粉吹きには油分ケアを第一に優先しましょう。

クリーム選びのポイント!選ぶべき保湿成分★

では油分ケアができるのであれば、どんなクリームでも良いかというと、そういうわけでもありません。

もちろんクリームを使わないよりも使った方が良いですが、保湿成分にもこだわると早い段階で乾燥肌や粉吹きの改善が期待できます。

クリームで是非取り入れたい、おすすめの保湿成分について解説します(^^)

セラミド

セラミドは、細胞間脂質という、お肌の細胞と細胞の間を埋めている脂質のことです。細胞と細胞を接着して水分蒸発を防ぎ、お肌を外的刺激から守り、バリア機能を高めます。

セラミドは、なんと細胞間脂質の80%を占めています。

セラミドが保湿力の高い、多くの化粧品に配合されている理由は、セラミドがもともとお肌にある成分で、お肌に取り込みやすいからです。

また、セラミドは加齢とともに減少してしまうので、化粧品で補う必要があります。

セラミドは、スポンジのように水分を保ち、細胞同士もつなぎとめる粘着力もあるため、乾燥肌や粉吹き肌の改善に必要な「保湿」と「バリア機能」のどちらの役割も果たしてくれます。

セラミドは脂質の保湿成分なので、クリームなどの油分ケアアイテムに配合されることが多いです。

そんなセラミドの中でも、最も人間のお肌に近いヒト型セラミド(セラミド2)が最も保湿力が高くておすすめです。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、化粧品に配合されているイメージが強いかもしれませんが、元々は体の中に多く含まれている成分です。

ヒアルロン酸は、保水力が高く、1gで6リットルの水分を取り込むことができます。この高い保水力によって、潤いとハリ弾力のあるお肌をつくり出します。

ヒアルロン酸は、40歳頃から一気に減少し、70歳頃にはほとんどなくなってしまいます。そのため、加齢によるヒアルロン酸不足により、お肌が乾燥し、たるみの原因にもなります。

シワやたるみなどのエイジングトラブルは、元をたどれば乾燥が原因と言われています。

粉吹きや乾燥肌が進行すると、エイジングトラブルにも繋がるので特に30代の予備軍と言われている世代の方々はヒアルロン酸で保湿とエイジングの予防を行いましょう。

コラーゲン

コラーゲンはタンパク質の一種で、体内のいたるところに存在しています。コラーゲンはほぼ100%の認知率で、コラーゲンの多い肌=キレイな肌を表します。

コラーゲンは、肌のハリや潤いをサポートする成分で、細胞と細胞の隙間に存在し、細胞同士を繋ぎとめておくはたらきがあります。

コラーゲンが減少してしまうと、細胞を繋ぎ止めるはたらきが弱まるため、たるみの原因にもなります。

体内のコラーゲンは、18歳から減少してしまうので、積極的に摂取したい潤い成分です。

コラーゲンは、分子が大きいのでお肌に浸透するのは困難ですが、保湿力が高く、お肌の表面にとどまって粉吹きや乾燥からお肌を守るはたらきがあります。

また、コラーゲンの多いお肌の方が、ヒアルロン酸が多くつくれます。

顔の粉吹きや乾燥肌の改善に効果的なクリームについてまとめている記事があるので、こちらもあわせて参考にしてみてください→お肌のカサカサを解決!顔の乾燥を改善する保湿クリームと正しい使い方

顔の粉吹きや乾燥肌への刺激を軽減!正しいクリームの塗り方

粉吹きや乾燥肌の方は、お肌がデリケートになっているサインです。クリームの塗り方一つでお肌への刺激を軽減することができます。

まず、スキンケアをするときは、明るい部屋で鏡の前で行いましょう。手は石鹸で洗って清潔な状態にしましょうね(^^)

では、クリームを塗るポイントをみていきましょう!

  • 両手を使って馴染ませる
  • 使用量を守る
  • クリームを顔の5点(額・両頬・鼻・口の下)に置く
  • 粉吹きや、乾燥するところから馴染ませる
  • ハンドプレスをする
  • 粉吹きや乾燥するところは重ね塗りをする
  • 目元や口元のキワなど、ギリギリのところまで馴染ませる

クリームに限らず、使用量は守りましょう。ものによって異なりますが、パール粒1つ分くらいが目安です。

クリームを顔の額・両頬・鼻・口の下の5点に置きます。5点置きすることで、塗りこぼしを防ぎます。両手を使って内側から外側へ向かって馴染ませましょう。

特に、粉吹きや乾燥しやすいパーツからクリームを馴染ませていきましょう。一度クリームを馴染ませたら、両頬をハンドプレス、額と口の下をハンドプレスします。さらに、気になるところはクリームを足して重ね塗りします。

目元や口元のキワなど、ギリギリのところまで馴染ませて確実に保湿していきましょう。

最後にまたハンドプレスをしたら完成です!粉吹きや乾燥肌は、潤いが不足して敏感になっているので、スキンケアの一つ一つの工程を丁寧に行いましょう。

特に、クリームは化粧水や乳液をつけた後の仕上げのお手入れです。

クリームを力強く塗り込むのではなく、優しく馴染ませた後にハンドプレスをすることが、スキンケアの効果を最大限に引き出すポイントです。

少し手間がかかりますが、顔の粉吹きや乾燥肌の予防と改善をするために、こういったクリームの馴染ませ方を習慣化できると理想です(^^)

クリームパックでスペシャルケア

顔の粉吹きや乾燥肌には、スペシャルケアとしてクリームパックを取り入れるのもおすすめです。簡単にできるので是非試してみてください(^^)

  • 普段通りにスキンケアをする
  • 保湿クリームを顔全体にたっぷり塗る
  • 顔の上からラップをかける
  • 15〜20分置く
  • ティッシュオフして馴染ませる

クリームパックをすることで、クリームの有効成分がじんわりとお肌に浸透していきます(^^)スキンケアのタイミングではなく、クレンジング後に湯船に浸かりながらクリームパックをするのもおすすめです(^^)

湯気が天然のスチームになって、お肌をやわらかくしてくれます。

クリームパックに使うクリームは、大量消費するので、私はニベアの保湿クリームを使っています☆もちろんお肌に合うクリームを使うことが大前提ですが、プチプラクリームも上手に活用してみてください(^^)

まとめ

いかがでしたか?クリームはの粉吹きや乾燥肌の改善には欠かせないアイテムであるとわかりましたね。

クリームはお肌を保護するだけでなく、潤い成分が配合されているクリームを選ぶことで、お肌の修復力を高めることができます。

使用量やクリームの塗り方など、毎日何気なく行なっていることにお肌トラブルの改善のヒントが隠されています(^^)

時にはクリームパックなどのスペシャルケアも取り入れながら、お肌の機能を整えて、頑固な粉吹きや乾燥肌から抜け出しましょう!

こちらの記事もご覧ください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法