目元ケアで顔の見た目年齢が5〜10歳変わる?目元の若返り講座☆

鏡に映る自分のを見て、「なんか最近老けたかな…?」と感じることはありませんか?

老けて見える原因は、”目元”にあるかもしれません。

顔の中でも、目元は最もトラブルが目立ちやすく、見た目年齢の決め手となるパーツなんですよ!

目元が若返って見えると、一気に5歳〜10歳若返って見えると言われるほどです(^^)

今回は、美容部員の経験から、目元の若返りに役立つ対策方法をご紹介します(^^)

【警告】目元は顔の中で最も年齢が出やすいパーツです!!

老けてきたな…と感じる時って、シワ、たるみ、シミ、くすみなどのエイジングサインが肌に現れ始めたときですよね。

これらは、個人差がありますが、加齢とともに全ての人に起こり得る肌老化のサインです。

そんな顔のエイジングサインの中でも、目元のは最も老け込みやすいパーツと言われています。

なぜかというと、目元の皮膚は0.5ミリ~0.6ミリ程の厚みで薄く、皮脂も少ないので乾燥しやすく、とてもデリケートだからです。

皮膚が薄いとちょっとした刺激でも敏感に反応してしまうので、まぶたを擦ったり、アイメイクやクレンジングの摩擦、紫外線、空気の乾燥など、日々ダメージを非常に受けやすく、トラブルとして現れやすいのです。

また、乾燥はシワやたるみなどのエイジングトラブルの引き金にもなります。

目尻の小じわや、目の下のちりめんジワ、まぶたのたるみは、見た目年齢をグッと上げてしまいます。

目元のシワやたるみの影響で、アイラインを引きにくくなったり、ファンデーションが筋になったり、乾燥で目元がシワシワになって化粧崩れも目立ちやすくなるのです。

また、目元はとても繊細な上に、一日に1万回以上瞬きをするので、動きも多く、負担がかかりやすく、疲れも出やすいのです。寝不足などによっても、むくみやクマなどのお疲れサインは目元に出ます。

このように、日々の目元の負担を考えると、今すぐ優先的にケアをすべきパーツであるとお分かりかと思います!!

特に、目元と目の下の三角ゾーンのお手入れは、若返りケアには必須です。

みなさんは、目元ケアをしていますか?

もし、NOという方は、まずはこの記事を隅々まで読んでみてください。

この記事には、私自身、美容部員の経験から数年間取り入れている、目元の若返りケアを全てをまとめているので、YESの方にも参考になると思います(^^)

潤って、パーンとハリのある、スッキリとした若々しい目元を目指して対策していきましょう!

目元はクレンジングで若返る☆専用のリムーバーを必ず使って!

まずは、目元のクレンジングについてお伝えします。先ほどもお伝えしたように、目元はとってもデリケートなパーツです。

クレンジングのやり方次第では、目元に摩擦や負担がかかって、乾燥・色素沈着・シワ・たるみなどの様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

そこで、取り入れていただきたいのが、「目元に負担をかけないクレンジング」です。

私が美容部員の経験から学んだ目元クレンジングをお伝えします。

目元のクレンジングで重要なのは、とにかく「負担をかけずにメイクをしっかり落とすこと」です。

そこで必要なのがポイントメイク専用のリムーバーです。目元のメイクは、アイライナーやマスカラなど、落ちにくいものも多いので、ゴシゴシと力強く落としてしまいがちです。

そのため、目元のクレンジングは、全顔クレンジングとは別で、先に行いましょう。

【目元の専用クレンジングの手順】

  • ミニコットンにリムーバーを適量浸す
  • 目元にリムーバーを馴染ませたコットンを数秒当て、メイクと馴染ませる
  • コットンを滑らせるようにアイメイクを拭き取る
  • 2つ折りや4つ折りにして、綺麗な面で細かいアイメイクを落とす

マスカラが落ちにくい方は、マスカラリムーバーも合わせて使うと、スルンと汚れが落ちますよ(^^)

ちなみに、目元のクレンジングは、1ステップ増えるので、少し手間とお金がかかります。

でも、目元のクレンジングは、何よりも優先して行ってほしいくらい、若返りケアには重要なんです。

ちなみに、私は目元のクレンジングで変わりました。時には面倒に感じることもありますが、慣れましたよ(^^)

私は、アイメイクが薄くても専用クレンジングをしていますが、それをするだけで目元のくすみが全然違うんですよね!

その感動からずっと取り入れています(^^)確実に目元の摩擦や負担も減っているので、シワやたるみ予防にもなっているはずです。

目元をほぐして血行促進!オススメのマッサージ&エクササイズ

最近は、スマホやPCの長時間使用によって、眼精疲労で血流が悪くなりやすいのです。

血行不良によって目元に必要な栄養や酸素が行き渡りにくくなると、目元の潤いやハリ感が失われ、クマもできやすくなります。

疲れによって目を細めることでも、シワができやすくなったり、瞬きの回数が減ることで筋肉が衰え、たるみやすくもなるのです。

そのため、目元の筋肉をしっかりほぐしたり、動かしていきましょう!

お金もかからず簡単に取り入れられる、目元のエクササイズやマッサージをご紹介します。

まばたきエクササイズ

目の周りの筋肉である眼輪筋を鍛えるエクササイズです。

眼輪筋を鍛えると血行が良くなるので、余分な老廃物や脂肪、水分が流れやすくなり、目元がすっきりと軽くなって、たるみやむくみが解消されます。

  1. 顏を天井に向け、目線は床に向かって瞬きの動作を10回行います。
  2. 顏を床に向け、目線は天井に向かって瞬きを10回行います。

まばたきをする時に、まぶたに力を入れながら、以下の動作をゆっくり行いましょう。

眉毛上げエクササイズ

特に上まぶたのたるみに効果的なエクササイズです。筋肉を鍛え、ハリのある若々しい目元に導きます。

  1. 目を閉じた状態で、眉毛をゆっくり引き上げます
  2. 上まぶたがピンとはるところまで引き上げたら10秒程キープします

これを5セット行いましょう♪

ウインクエクササイズ

左右交互にゆっくりとウインクを繰り返すだけの簡単エクササイズです。

これを60秒間、2セット~3セット行いましょう。

目の周りの筋肉を使っていることを意識しながらウインクをすると効果的です。

頬骨の上を人差し指で軽く押さえながらウインクをすると、左右どちらが苦手かわかりやすいです。

苦手な方がたるみやすいので、弱い方を特に意識して回数も増やしてみてください☆

頭皮マッサージ

顔の皮膚は頭皮と繋がっているので、頭皮マッサージも目元の筋肉を鍛えて、まぶたの引き締めに効果的です。

  1. 親指以外の4本の指の腹を使って、髪の毛の生え際から、頭頂部へ向かって引っ張り、20秒間キープします。
  2. 耳上の頭皮に手のひらを当て、頭頂部へ向かって引っ張り、こちらも20秒間キープします。

リンパマッサージ

リンパマッサージをすることで、目元の血行が良くなり、乾燥やシワ、たるみ、クマなどの予防に効果的です。

  1. 目元全体に手のひらを密着させ、外側へ向かって優しく滑らせます。
  2. 指先がこめかみまできたら、こめかみを5秒ほど軽く押します。
  3. そのまま指を下に滑らせていき、鎖骨まで流していきましょう。

これを5セットほど行ってください。

目元マッサージをするタイミングは、滑りの良い状態でないと、摩擦による負担がかかってしまうので、スキンケアのタイミングで行いましょう。

ツボ押し

眉頭のすぐ下にある、攅竹(さんちく)というツボを押すと、目元の血行を促進させる効果があるので、栄養が行き渡りやすくなり、小ジワの改善が期待できます。

親指で軽く押して5秒ほどキープします。眉頭からそのまま眉骨に沿って外側に向かって動かしながら、数カ所じっくり押していきましょう。

温冷タオル

目元の血行促進や、むくみの改善には温冷刺激も効果的です。

ホットタオルは、水に浸して絞ったタオルを30秒ほど電子レンジで温めるだけで簡単につくれます。

ホットタオルを目の上に乗せると、目元の凝りをほぐすことができます。

タオルが冷たくなってきたら、水タオルや化粧水を浸したコットンで目元を数分間冷やし、交互に行って血管と皮膚を引き締めましょう。

リラックス効果も高いので、ホットタオルにエッセンシャルオイルを数滴たらすのもオススメです♪

ホットタオルの効果については、詳しくはこちらの記事もご覧ください→蒸しタオルで顔の乾燥の改善をサポート!美肌になれる蒸しタオルの使い方

また、マッサージやエクササイズは、全体のたるみやほうれい線のケアにも有効的なので、目元ケアとともに、全顔のマッサージも取り入れてみてはいかがでしょうか?(^^)

こちらの記事も参考にしてみてください☆→美容部員が教える!老け顔の改善に効果的なマッサージ☆

若返り効果アップ!目元専用アイテムを選ぶポイント☆

目元のケアには、目元専用の美容液やクリームを使うのもオススメです。

やはり、スペシャルケアアイテムを1品投入すると、お手入れの質が高まります。

わたしは、総合的に目元ケアができる美容液を使って予防をしていますが、目元のクマ専用、シワ専用、たるみ専用…など、特に気になるお悩みに特化したものを選ぶのも良いですね。

シワやたるみが特に気になるのであれば、目元とほうれい線にも一緒に使える美容液やクリームもあるので、そちらもオススメです。

マッサージの際に、目元専用アイテムを馴染ませてから行うとgoodですよ☆

目元美容液やクリームは、「ちょっとハードルが高い…」、「続けられるか不安…」という方は、保湿クリームを重ね付けしてみてください(^^)

朝はベタつくという方は、夜だけでも良いので。目元のスキンケアをする癖がついたら、続けられそうな価格の目元専用アイテムを探してみましょう。

美容液は、高価なものをケチって時々使うよりも、「手の届く価格のものを適量使って毎日継続すること」が1番のポイントです。

私は高価な目元美容液を使っていたこともありますが、勿体無くてケチケチ使ってしまって効果がよくわからないまま終わってしまった経験があります。

それからは、手の届きやすい価格を意識しています。目元ケアは、使用量も少なく済むので、長持ちするものも多いですよ!

目元専用アイテムは、コックリ系のクリームタイプのものが多いですが、最近では朝夜使いも考えて、肌馴染みの良いクリームやジェルタイプのものも増えています。

目元のお悩み・価格・テクスチャーを基準に、ご自身にピッタリのものを選んでみてくださいね。

私は”目元ケア”でこんなに変わった!

私は、美容部員として働きはじめてから、数年間欠かさず行っていますが、明らかに、目元が潤って乾燥しにくくなり、明るさも取り戻し、トラブルも本当に減りました。

以前の私はというと、若いのにクマがひどく、まぶたも色素沈着で暗く、乾燥してカサカサしたり、赤くただれてしまうこともよくありました。

目元のトラブルのせいで、疲れて老けた印象を与えてしまい、昔は今よりも年上に見られることも多くありました。

私は元々、目元のアレルギーがひどく、目元をこする癖があったので、人よりも敏感であることも原因の一つでしたが、他にも、知らず識らずのうちに、目元に負担をかけていました。

目元のクレンジングは、かなりゴシゴシと強く行っていましたし、保湿も不十分でしたね。

目元に必要以上に摩擦や負担がかかっていましたし、乾燥や肌荒れも繰り返していたので、このまま放っておいたら、将来シワやたるみも、人よりひどく出てしまうだろうと心配していました。

そんな時に、美容部員の職につき、目元ケアについて学び始めたんです。

私が最初に始めたのが、目元専用のクレンジングでした。そこから目元のトラブルに向き合うようになり、美容液を使ったり、マッサージをしたり、お手入れのやり方を見直すようになりました。

現在は、お肌の曲がり角と言われる20代後半の年齢なので、30代に向けて予防にもより一層力を入れています。

まだまだ本格的な目元のエイジングサインは出ていませんが、「本格的にシワができたり、たるんでからでは遅い」と思って毎日お手入れしています。

これは、本当に痛感することなのですが、「エイジングケアは何より予防が大切です!!」

ちょっとでも、気になるサインがあったら、それがお手入れのはじめ時ですよ。

最近は、PCやスマホの使用によって、みなさん目を酷使しているので、若い人のエイジングサインも早まっています。

私はここ数年、20代前半に見られることが増えたのですが、これも目元の若返りケアの成果だと思っています。

潤い・ハリ・明るさのある目元は、5歳〜10歳若返って見えます!

美容部員として、たくさんのお客様を見てきましたが、若々しく見える方は、目元のエイジングサインが少ないんですよね。

それだけ、目元の印象は、見た目年齢に大きく関係しているということです(^^)

若い方も、年齢肌の方も、是非、できそうなものから、日々のお手入れに「目元の若返りケア」を取り入れてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?今回は、年齢が最も出やすい目元ケアについてお伝えしました。

目元はとてもデリケートなパーツなので、乾燥・シワ・たるみ・くすみ・クマなど、さまざまなトラブルを起こしやすいです。

そして、目元の印象で見た目年齢は5〜10歳も変わってきます。

目元は、顔の中でも、最もお手入れを優先すべきパーツと言えるでしょう。

私自身も、目元ケアで若返りや予防効果を実感しています。

是非、こちらの記事を参考にしていただき、年齢を重ねても、潤い・ハリ・明るさのある目元を手に入れましょうね♪

こちらの記事もご覧ください→肌の若返りケアに効果的な化粧品とエイジングケアの4つのポイント☆