トマトジュースのUⅤ効果がすごい!リコピン配合の飲む日焼け止めとは?

女性であれば、今の季節は特に気になる紫外線ケア。

肌老化の8割は、紫外線による光老化と言われていますから驚きですよね。

そんな紫外線ケアには、トマトに多く含まれる「リコピン」が良いとご存知ですか?

最近では、天然の日焼け止めとして、トマトやトマトジュースが注目を集めています。

また、リコピンの配合された飲む日焼け止めサプリメントも、高いUV効果が期待できるのでオススメです。

今回はトマトのUV効果に注目していきたいと思います。

紫外線から肌を守る☆トマトやトマトジュースに含まれる「リコピン」がすごい!

日差しの強い季節になってきましたね。

「そろそろUVケアをしなきゃ〜」と日焼け止めを塗り始める方も多いと思いますが、食べ物からも紫外線対策をしている方は少ないのではないでしょうか?

実は、「トマト」には日焼け対策に効果的な成分がたっぷりと含まれているのです(^^)

これは、トマトに含まれる天然色素成分の「リコピン」が大きなはたらきをしてくれています。

リコピンはカロテンの1種で、優れた抗酸化力によって紫外線対策を強化できるのです。

高い抗酸化作用

UVケアに、リコピンが良い理由は、紫外線を大量に浴びることで発生する、活性酸素の影響を抑えるためです。

活性酸素は、紫外線を浴びることで大量に発生し、細胞を劣化させ、錆びさせる物質です。活性酸素は、シワやたるみの原因となるので、お肌の大敵なんです!

抗酸化成分は活性酸素のはたらきを抑える作用のある成分で、トマトにはこの抗酸化成分がたっぷり含まれています。

なんと、リコピンの抗酸化作用は、抗酸化力が高いと言われているビタミンEの100倍もの効果が認められています。

肌のコラーゲンを守る

また、リコピンにはコラーゲンの減少を抑制しながら、コラーゲンを増加させるはたらきも発揮してくれます(^^)

紫外線を浴びることで発生する活性酸素は、コラーゲンを劣化させる原因にもなるので、リコピンを摂取することで肌の潤いやハリを守り、シワなどのエイジングトラブルを予防します。

メラニンの生成を抑制

リコピンには、紫外線を浴びることで過剰に発生するメラニンの生成を抑える働きもあります。

メラニンの過剰発生を放っておくと、シミやソバカス、くすみの原因になってしまうのです。

このように、リコピンは、紫外線を浴びた時に受ける、肌への影響を軽減するために非常に役立つ栄養素なのです。

そのため、リコピンは老化防止やアンチエイジング効果の高い美容成分として注目されています。

1日に必要なリコピンの摂取量は?

リコピンは、女性にとって嬉しい効果が詰まっているので、積極的に摂取したいですよね。そんなリコピンの1日に必要な摂取量は

トマト(大)が2個

ミニトマト 15個

トマトジュース1杯

となっています。生のトマトだと、結構たくさん食べる必要がありますよね。

トマトジュースなら1杯飲むだけで良いので続けられそうです(^^)

紫外線の3月〜10月(特に5月〜9月)は、UVケアを強化するために、トマトを積極的に食べたり、トマトジュースを飲むのを日課にするのがオススメですよ。

ちなみに、トマトやトマトジュースが苦手な方は、スイカやグレープフルーツにもリコピンが豊富に含まれています。

リコピンの効果的な摂り方

せっかくトマトを食べるなら、リコピンの効果を引き出したいもの。そのために、効果的な摂り方をご紹介します。

トマトは油と一緒に食べる

トマトは油に溶けやすい性質があるため、油と一緒に食べることで、リコピンの吸収率がアップします。

トマトにオリーブオイルを合わせるカプレーゼなどは、オススメの食べ方です☆

加熱調理で吸収力アップ

リコピンは加熱によって吸収が高まるので、加熱調理もおすすめです。トマトの煮込み料理や、炒め物など、調理の幅も広がります(^^)

これなら、トマト料理のレパートリーも色々と考えられますね(^^)

トマトジュース

私がイチオシなのはトマトジュースです。

実は、トマトジュースは真っ赤に熟したトマトを使用して作られるので、生のトマトよりも栄養価が高いんです♪

また、私は美肌に良いと言われている栄養素は様々に試してきましたが、継続できているものは、「飲むだけでOK」な手軽なものがほとんど。

簡単に無理なく続けられるものが1番です。

トマトジュースなら手軽ですし、1杯で1日に必要なリコピンが詰まっています。

さらに、リコピンは「いつ摂るか」も重要です。

トマトジュースは「朝」に飲むと、リコピンの吸収率が最も良いと言われているので、毎朝の一杯を日課にすると良いですね♪う

リコピン配合の「飲む日焼け止めサプリ」もオススメ!

また、リコピンを効率的に摂取するなら、「飲む日焼け止めサプリメント」を活用するのもオススメです(^^)

リコピンの効果を得るには、毎日トマトやトマトジュースを摂取する必要があります。

トマトやトマトジュースは、食事に簡単に取り入れられますが、毎日食べるのは飽きてしまう…という方もいると思います。

また、トマトやトマトジうュースでも十分な抗酸化効果が期待できますが、これだけで紫外線対策が「バッチリ」というわけではありません。

日焼け対策やエイジング予防を完璧に近づけるためには、「日焼け止めとしての効果」が認められた抗酸化成分と一緒にリコピンを摂取するのが最も効果的な方法です。

飲む日焼け止めサプリメントは、その点において、非常に効率的で、高い効果が期待できます。

なぜなら、国産の飲む日焼け止めサプリの多くは、日焼け止め効果が認められた「ニュートロックスサン」という高い抗酸化成分が主成分となっており、抗酸化力の高いその他の美容成分もバランスよく含んでいるからです。

ニュートロックスサンに加え、リコピン配合の飲む日焼け止めを選ぶことで、より抗酸化力が高まるので、日焼け対策やアンチエイジング効果もより期待できるのです♪

また、トマトが苦手な方でも「飲む日焼け止めサプリ」ならトマトの味はしないので安心してくださいね(^^)

リコピン配合の飲む日焼け止めなら「ホワイトヴェール」☆

そんな飲む日焼け止めサプリの中でも、オススメなのが、「ホワイトヴェール 」です。

ホワイトヴェール は、国産の飲む日焼け止めサプリメントで、高い抗酸化成分の「ニュートロックスサン」に加え、リコピン(トマトパウダー)も配合しています。

また、日焼けを抑える即効成分である、クロセチンや、ビタミンE、ルテインなどを始め、その他にも女性に不足しがちなビタミン・ミネラル・鉄分などをバランスよく配合しています。

そのため、高いUV効果や美肌効果が期待できるのです。

ホワイトヴェールは、ニュートロックスサンの効果感に着目しており、数多くの日焼け止めサプリの中でも1粒あたりの配合量が多くなっています。

1日2粒〜4粒を毎日継続的に飲むことで、強い抗酸化効果を発揮し、日焼けやエイジングトラブルから肌を守ります。

しかもオーガニック成分100%なので体にも優しいんです(^^)

ホワイトヴェール  は、紫外線防御力や即効性が高いだけでなく、体内に不足しやすい栄養素も効率的に摂取できることから、肌荒れの改善も期待できます。

私自身も、ホワイトヴェールを愛飲していますが、抗酸化パワーのおかげか、飲み始めてからお肌が安定しやすくなりました♪

毎日トマトやトマトジュースでリコピンを摂取するのも良いですが、飲む日焼け止めなら、手軽にリコピンを摂取できますし、トマトでリコピンを摂取する以上に、高い抗酸化効果と嬉しい美肌効果が得られますよ♪

ホワイトヴェールは、効果も1日中持続するので、朝のお出かけ前に飲むだけで楽チンです(^^)

また、私は錠剤が苦手なのですが、小粒なので飲みやすくて助かっています♪

私は初めての飲む日焼け止めサプリがホワイトヴェールだったのですが、90日間の全額返金保証がついていたので、安心して始められました(^^)

継続回数も縛りがないので、自分のタイミングでお休みや再開ができるのも嬉しいポイントです。

ホワイトヴェールの公式サイトでは、始めての方限定で、一袋60粒入り・980円で購入できるので、ご興味のある方は是非チェックしてみてください♪

今なら、ホワイトヴェールをご購入の方に、特製の「日焼け止めジェル」を1本無料プレゼントしています♪

「飲む+塗る」のケアで、この夏のUVケアをより強化していきましょう!

<<<ホイトヴェールはこちらから購入できます>>>


【飲む日焼け止めサプリの関連記事】

飲む日焼け止めサプリメントの成分は安全?副作用はあるの?

飲む日焼け止めでアレルギー反応が起こる可能性はある?

まとめ

いかがでしたか?トマトに含まれる「リコピン」は、紫外線対策に効果的な成分であるとわかりましたね。

毎日トマトを食べたり、トマトジュースを飲むことで、体内の抗酸化力を高めることができるので、紫外線の強い季節は特に意識して摂取したいですね。

また、効率的にリコピンを摂取するなら、飲む日焼け止めサプリメントもオススメです。

飲む日焼け止めには、日焼け止め効果が認められている「強い抗酸化成分」も含まれているので、紫外線防御力を高め、さらには美肌効果も得られます。

毎日トマトを食べるのは飽きてしまうという方でも、トマトが苦手な方でも、飲む日焼け止めなら、毎日数粒飲むだけでUVケアを強化することができますよ(^^)

是非、この夏の紫外線ケアに役立ててみてくださいね♪

こちらの記事もご覧ください→飲む日焼け止めの仕組みとは?内側からUVケアを強化しよう☆