パサパサの髪の毛を集中ケア!おすすめのトリートメント☆7選!

髪の毛がパサパサになって悩んでいませんか?

髪の毛の水分が足りていないと、髪はパサついて広がりやすくなってしまいます。

そんなパサパサの髪の毛には、トリートメントを活用しましょう。

私自身、髪の毛が乾燥して触り心地や見た目の印象が悪く、かなり悩んでいましたが、2タイプのトリートメントでお手入れしていくうちに、髪の毛がしっとりサラサラになりました。

今回は、おすすめの2タイプのトリートメントと、効果を高める使い方をご紹介します。

パサパサの髪の毛ってどんな状態?

そもそも、なんで髪の毛はパサパサになってしまうのでしょうか?

パサパサになっている髪の毛は、乾燥ダメージを受けているサインです。

私たちの髪の毛は、さまざまな原因によって、髪の毛の表面にあるキューティクルが傷ついています。

ダメージによってキューティクルがはがれかけかけた隙間から、水分が漏れ出てしまうことで、髪内部は水分不足で乾燥し、パサパサになってしまうんですね。

キューティクルが傷つく原因としては、

  • 繰り返すカラーやパーマ
  • 紫外線
  • 摩擦
  • ドライヤーやアイロンによる熱

などが考えられます。日常生活の中で、これらのダメージを完全にゼロにするのは難しいですが、ダメージケアや予防のお手入れを取り入れていけば、パサパサの髪の毛を改善させることは可能です。

パサパサの髪の毛には2種類のトリートメントがおすすめ!

そこで役立つのがトリートメントです。

トリートメントは、髪内部に栄養分を補給し、傷ついたキューティクルを補修するはたらきがあります。

トリートメントは2種類あり、ダブル使いをすることで、パサパサの髪の毛を、しっとりツヤのある髪の毛に導いてくれますよ。

インバストリートメント

お風呂場で使う、洗い流さないトリートメントです。

濡れた髪の毛は、キューティクルが開いているので、その隙間からトリートメントの栄養分を髪の毛の内部までじっくり浸透します。

特に、ケラチンや保湿成分をたっぷり配合したものを選びましょう。

パサパサの髪の毛もしっとり滑らかに潤いますよ。

おすすめ品もいくつかご紹介しますね。

ミルボン トリートメント ジューシーグロッシー  うるツヤ 2000円

保湿成分のヒアルロン酸配合で、水分を抱え込み、髪の芯からふっくらとした髪の毛に整えます。

水分と油分を同時に抱え込むモイスチャーリピッドの効果と、潤いをキープするCMADKの効果も加わり、髪の毛に潤いを閉じ込め、パサパサ髪を潤いで満たしてくれますよ。

しっとり潤ってまとまるのに、ベタベタしないので、とても使いやすいです。

ロングヘアで痛みが気になる方にもおすすめです。

フィーノ プレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスク 1058円

傷みきった毛先まで、根元と同じくらいなめらかに整える、資生堂 フィーノのヘアマスクです 。

7つの美容液成分(ローヤルゼリーEX、トレハロース、PCA、フィトステリル誘導体、リピジュアEX、スクワラン、グルタミン酸)が髪の毛1本1本に馴染み、週1〜2回のケアでもトリートメント効果はバッチリ☆

傷みきってパサパサ・バサバサになってしまった方にオススメですよ。

ロングセラーアイテムで実力があり、コスパも良く、ドラッグストアで購入できる点も魅力的です♪

ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント

保湿成分のシアバターや、トゥルトゥルのツヤ髪に整えるインカインチオイル、ルーピンオイル、ダマスクローズオイルを配合しています。

毛先まで、しっとりと潤い、まとまりのある髪に仕上げます。

毛先のダメージが目立つ方、パサついて広がる方にオススメです。

240g・2400円 / 400g・3000円 / 500g・4000円

アウトバストリートメント

洗い流さないトリートメントは、油分で髪の毛1本1本をコーティングしてくれるので、髪の水分蒸発を防ぎ、パサパサに広がった髪をしっとり落ち着かせることができます。

また、髪の毛を保護して、ドライヤーやアイロンの熱、摩擦、紫外線、乾燥などのダメージから守ってくれるので、予防になります。

自然なツヤも出るので、見た目もキレイに♪

洗い流さないトリートメントには、色々な種類がありますが、特に、パサついた髪の毛には、水分を多く含むミルクタイプや、浸透力と保湿力に優れた植物オイルがおすすめです。

いくつか、おすすめ品をご紹介します。

ゆず油 無添加ヘアオイル 1000円

国産のゆず油や、植物原料でつくった100%自然由来の無添加ヘアオイルです。

オイルだけどサラっと伸びや馴染みが良く、仕上がりも軽やかです。

切れ毛や枝毛、髪のパサつきや広がり、頭皮ケアなど、幅広いヘアケアが可能です。

1本でトリートメント・スタイリング・オイルパック・頭皮マッサージの4役が可能なので、1つもっていると大変活用し甲斐がありますよ。

さわやかな柚子の香りが心地よいです◎

スリー スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル 2800円

ヘアケアでも定評のある、スリーの洗い流さないトリートメントオイルです。

美容効果が高く、酸化しにくいオーガニック植物オイルだけを選び抜いています。

傷んだキューティクルや、髪の水分バランスを整え、乾燥によるパサつきや広がりを防ぎます。

紫外線や空気の乾燥、ドライヤーの熱、静電気、塩素水などの外的刺激からも守ってくれるので、補修効果と予防に最適なオイルです!

ボタニスト ボタニカルヘアミルク  モイスト 1700円

パサパサして乾燥した髪の内部まで、植物の補修成分が浸透して、髪の毛をしっとりまとまりやすく整えます。

パサパサの髪の毛がサラサラになりますよ。

軽い使用感なので、日中の乾燥ケアにもおすすめです。

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+ 2600円

「グレイスブレンド処方」によって、伸び・保湿・密着する3種のオイルをブレンドし、乾かすだけで柔らかい髪に整えます。

CMADK(カルボキシメチルジスルフィドケラチン)を配合しており、日々のシャンプーで流れてしまうケラチン(髪の主成分)を補い、髪の毛のダメージを補修して髪を強くしてくれます。

また、保湿力の高いバオバブエキスを配合しており、パサパサ・ゴワゴワした髪の毛も柔らかくまとめてくれますよ。

★洗い流さないトリートメントは、髪質に合わせて使い分けたり、組み合わせて使うのもオススメです。

ちなみに、私はミルク+オイルを毛先につけています。

特に、オイルは髪への効果感も実感しやすく、使い勝手も良くて大変便利なので、1つもっているとおすすめですよ。

こちらの記事も参考にしてみてください→目指せ美髪!おすすめの洗い流さないオイルトリートメントと活用術☆

トリートメントしっかり使い込んでいけば、スカスカになってしまった髪の内部も満たされ、キューティクルも鱗のようにギッシリ埋まって、ダメージにも負けない強い髪に導くことができますよ。

インバストリートメントの効果的な使い方

洗い流さないトリートメントを使うときに、効果感を高めるおすすめの使い方をご紹介します。

トリートメント水に髪の毛を浸す

まず、お風呂の桶にお湯を溜めたら、トリートメントを馴染ませた髪の毛を桶に浸し、お湯をかけて馴染ませましょう。

すると、トリートメントが薄く広がったトリートメント水ができます。

トリートメント水に髪の毛を浸すことで、髪の毛1本1本に馴染みやすくなり、トリートメントがダマにならずにキレイに行き渡るのです。

トリートメントのムラ付きを防げるので、パサパサの髪の毛を余すことなくしっかり潤します。

蒸しタオルで髪の毛を覆う

トリートメントを馴染ませたら、蒸しタオルで頭全体を覆って、数分間置いてから洗い流しましょう。

すぐに洗い流すのと、トリートメント成分を髪の毛に浸透させてから洗い流すのでは、効果感が違ってきます。

余裕があれば、放置時間に湯船に浸かると、お風呂の湯気が天然のスチーム変わりになってくれます♪

アウトバストリートメントの効果的な使い方

実は、洗い流さないトリートメントは、使い勝手が良く、おすすめの使い方がたくさんあります。

お風呂後の濡れた髪の毛

お風呂後の濡れた髪の毛をドライヤーで乾かす前に、アウトバストリートメントを使いましょう。

髪の毛をコーティングして、ドライヤーの熱から守ることで、パサつきの予防になります。

髪の毛をしっかりタオルドライしたら、髪の毛の中間〜毛先にかけて、手ぐしをかけながら馴染ませましょう。

ヘアセット

洗い流さないトリートメントは、ヘアセットにも使えます。

日中は髪の毛を傷める原因がいっぱいなので、素髪で外出するのは危険なんですよ。

素おろしのヘアスタイルの方でも、ヘアセットには洗い流さないトリートメントを馴染ませましょう。

ドライヤーやコテなどを使ってヘアセットをする方は、その前に馴染ませるだけで、髪のダメージが全然変わってきます。

お直し

出先で髪の毛がパサパサするなぁ…と感じたら、毛先を中心に洗い流さないトリートメントを馴染ませましょう。

ヘアセットしてから時間が経つと、パサパサと広がりやすくなります。

最近のオイルは、ハンドやボディーにも使えるマルチなオイルも増えているので、1つポーチインしておくと、出先でハンドクリームやネイルオイル、フレグランスとしても使えるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?パサパサに傷んだ髪の毛には、トリートメントのケアが効果的であるとわかりましたね。

トリートメントの栄養分によって、髪の内部とキューティクルを補修することで、パサパサの髪の毛にも潤いが生まれます。

トリートメントの効果を高める、おすすめの使い方もさんこうにしてみてくださいね(^^)

洗い流すタイプと洗い流さないタイプでは、役割も異なるので、是非、どちらも使ってパサパサ髪から抜け出しましょう!

こちらの記事もご覧ください→髪の毛がバサバサになる原因は?傷んだ髪の毛をケアする8つの方法☆