20代のくすみケアに最適な美容液選びのポイントは?オススメの美容液10選★

「最近肌のくすみが気になる…」くすみって、年齢肌に表れる肌トラブルのイメージがあるかもしれませんが、まだまだ若い20代でも起こる可能性は十分にあり得ます。

肌状態には個人差があるので、生活習慣や環境などの影響によっても変わってきます。

だからこそ取り入れたいのが、美容液です!今回は、20代のくすみ肌にオススメの美容液や美容液選びのポイントをお伝えします!

20代の美容液選びのポイント

20代のお肌は、まだまだ若くてハリや弾力がありますが、過剰な皮脂による毛穴トラブルやニキビ、乾燥やくすみなどのトラブルに悩んでいる女性も多いはず。

ちなみに私は20代後半ですが、乾燥を非常に感じやすい肌質のため、高保湿なスキンケアが欠かせません。

しかし、一方でソバカスができやすいので、将来に向けてシミ予防も必要な年齢でもあり、お手入れは試行錯誤の毎日です。

また、以前は紫外線や乾燥、食生活、間違ったクレンジングをしていた影響もあり、10代から肌のくすみも感じていました。

私は、その後美容部員とエステ員の仕事を経験して、様々な化粧品を試してきました。

その中でも、特に効果感を実感できたのは美容液でした!美容液は、様々な種類があるので、自分に合うものをみつけるのは大変かもしれません。

しかし、「目元のくすみに特化したもの」、「美白だけでなく保湿力も高いもの」、「シミ予防に特化したもの」など、細かい肌悩みにも対応できるのが美容液の魅力です!

また、肌悩みに合わせて美容液を変えることで、基礎化粧品を変えなくても肌悩みをケアすることができます。1品追加で美肌力を高めることができるんですよ。

形状やテクスチャーなども、好みのものを挙げていくと、意外と絞れてきます。

私は、そうやって自分の肌質に合うものをみつけていきました(^^)正直いって、化粧水や乳液よりも、効果を発揮してくれているように感じます!

私は、美容液の効果を実感しているので20代前半から使っていましたが、お肌の曲がり角と言われている「20代後半」になると、肌の悩みも少しずつ増えてくるので、美容液の始め時です☆

  • 肌の乾燥を感じる
  • 大人ニキビができやすい
  • 隠れジミが肌表面に出てくる
  • うっすらほうれい線が気になる
  • 目元の色素沈着やクマが目立つ
  • 全体的に透明感や明るさがない
  • 今まで使ってきた化粧品が合わなくなっているような気がする

こういったトラブルを感じている方は、この記事を参考にしていただき、「自分の肌に合う美容液をみつける」きっかけにしてみてください。

20代のくすみケアは「保湿+美白」の美容液で解決!

20代は、前半と後半で肌質が変わる方も多いです。

20代前半

20代前半は、一般的にまだまだ皮脂の分泌量も多く、肌もべたつきやすいので、美容液はくすみに効果的な美白ケアに加えて、サラッとしたテキスチャーのものや、皮脂を抑えてくれるものをうまく活用すると、肌トラブルの軽減に効果的です!

ただ、私のように10代から乾燥肌の方もいるので、皮脂を抑えてしまうと、より乾燥してしまう場合もあります。

そこは自分の肌状態に合わせて選んでいきたいですね。

20代後半

20代後半からは特に意識してお手入れしたいのが、肌の「乾燥」と「くすみ」のダブルケアです。

乾燥は、様々な肌トラブルの引き金となりますし、私自身も乾燥からニキビや肌荒れなどの肌不調を経験しています。

また、くすみは肌トラブルの中でも顔の印象を大きく変えてしまいます。色素沈着や目の下のクマ、全体的に血色感がない、肌色のトーンダウンなど…疲れて見えたり、顔色が悪く見えてしまいます。

私たちのお肌は、これから年齢を重ねるにつれて、肌の潤い成分が減少して乾燥しやすくなったり、紫外線ダメージの蓄積で乾燥やくすみを悪化させてしまいます。

まだあまり気にならない小ジワやたるみ、シミなどのエイジングトラブルを予防するためにも、「保湿+美白」ができる美容液を取り入れていきましょう!

「くすみケアに最適な美容液」を選ぶ時のチェックポイント☆

美容液を選ぶときに意識したいポイントをお伝えします。

美白の有効成分

まず、肌のくすみケアには美白成分配合の美容液が効果的です。

美白の有効成分は、くすみやシミの原因となるメラニンの生成を抑制したり、メラニンの色を無色化したり、紫外線ダメージを軽減する効果が期待できます。

  • ビタミンC誘導体
  • トラネキサム酸
  • エラグ酸
  • アルブチン
  • リノール酸
  • ルシノール
  • コウジ酸

など、美白に特化した成分が含まれていると、効果感も実感しやすくなりますよ(^^)

肌が、水に触れるだけでもヒリヒリするような敏感状態になっている場合は、美白成分が肌の刺激となる可能性があるので、美白ケアは肌状態と相談しながらしていきましょう!

保湿力の高いもの

くすみケアというと、「とにかく美白!」というイメージが強いかもしれませんが、保湿力もとっても大事です!

私は、美白ケアに躍起になって保湿ケアがおろそかになり、肌荒れが悪化してしまったことがあります。

しっかり保湿されてお肌の土台が整った肌こそ、美白ケアは意味を成します!美白成分に加えて、

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • プラセンタ
  • グリセリン

などの保湿成分が配合されているものがオススメです!肌に合った保湿力が備わっている美容液なら、美白だけでなくエイジングケアなども効果を発揮しやすくなります(^^)

続けやすい価格のもの

美容液を使う上で大事なのは、「継続して使うこと」です。特に、20代はしっかりお手入れをすれば、エイジングの進行を予防して遅らせられます。

高価なものを毎日ケチケチ使っていては、せっかくの美容液の効果が発揮できず、効果もわからないまま終わってしまうので、非常に勿体無いです!!

美白ケアは根気のいるお手入れですが、効果を実感したいなら、ケチケチ使ったり、特別な時に使うのではなく、適量を毎日しっかり使い続けましょう(^^)

また、「値段高いもの=絶大な効果を得られる」というわけではありません。値段と効果は比例しないので、無理して高いものを買う必要もないです!

それよりも、美白化粧品はライン使いをすることで、相乗効果が発揮されるものが多いです。美容液だけでなく、その他のアイテムも少しずつ揃えていくと良いでしょう♪

20代のくすみケアに効果的なオススメの美容液☆10選!

美容部員やエステ員の経験から、くすみケアに最適な美容液を幅広くご紹介します(^^)

アクアレーベル シミ対策美容液 2100円

「潤いっぱなし」のお肌を実現するアクアレーベルの薬用美白美容液です。

美白有効成分のm-トラネキサム酸がシミやそばかすを防ぎながら透明感あるお肌に導きます。

保湿成分にはヒアルロン酸を配合し、うるおいで角層を満たします。

お手頃価格なので、美白美容液ははじめて!という方にもオススメです(^^)

アルビオン エクサージュホワイト ホワイト ジェネレート5000円

美白有効成分のトラネキサム酸配合の美白美容液です。

メラノサイトへアプローチし、メラニンの生成をコントロールします。蓄積された頑固なメラニンも白色化して、肌の奥からみずみずしく、白く明るいお肌に導きます。

HAKU メラノフォーカス3D

メラニンの生成を抑制する3D美白美容液です。

美白有効成分には、資生堂の独自成分である4MSK、m-トラネキサム酸を配合しています。

メラニンの生成ルートを、あらゆる方向から阻止して、シミやソバカスのない、生まれたての透けるような肌へ導きます。

紫外線ダメージを軽減し、お肌の生まれ変わりをサポートしながら、お肌の隅々まで美白成分を届けます。

ベストコスメにも選ばれており、「シミやニキビ跡が薄くなった!」、「お肌のトーンが明るくなった」、「キメが整った」という嬉しいお声も届いています。(効果には個人差はあります)

資生堂の、こだわり抜いてつくられた美白成分に期待大の美白美容液です。

7,000円(税抜)/45g 10,000円(税抜)

アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト 7000円

独自開発の美容成分「ナノオリザノール」を新配合し、美容効果がさらにアップした美白美容液です。

美白成分にはビタミンC誘導体を配合し、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぎます。

保湿成分にはナノAMA、アスタキサンチン、3種のコラーゲン、酵母エキス、マロニエエキスなどを配合しており、内側から潤ってキメを整え、透明感のあるお肌に導きます。

ソフィーナ ホワイトプロファッショナル 4000円

シミをつくらせる原因となる、過剰なメラニンの生成を抑制する美白美容液です。

シミができやすくなる、増えやすくなる、濃くなるのを防ぎ、シミ・そばかすのできにくいお肌をつくります。

美白成分には、新たにローマカミツレエキスを配合。さらに、新開発の高浸透技術を採用し、メラニン発生源に、より早く成分を届けます。

コスメデコルテ ホワイトロジスト ブライト エクスプレス 15000円

美白有効成分コウジ酸と、乾燥によるくすみを晴らす独自複合成分「ブライトイコライザー」を配合した美容液です。

メラニンの生成抑制や、肌の奥まで居残ったメラニンにもアプローチします。

濃淡があり色ムラに見えるシミ、しつこく頑固なシミ、うっすら出てきた隠れジミなど、全てのシミの悩みを改善し、すみずみまで明るい透明感のあるお肌に導きます。

フレッシュグリーンフローラルの香りに包まれてリラックス効果も◎

ディセンシア サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト 6500円

サエルは、敏感肌の方でも美白ケアがしっかりしたい!という方にオススメのシリーズです。

お肌の刺激になりやすいアルコールや香料などは使っておらず、アレルギーテスト済みでお肌に優しい処方になっています。

化粧品による肌荒れやアレルギーが心配な方でも使いやすいです。

敏感で揺らぎやすいお肌は、紫外線ダメージを受けやすく、バリア機能が低下して、乾燥やお肌の炎症を起こしやすくなっていますが、

  • メラニンの生成抑制
  • バリア機能を高める
  • 抗酸化作用
  • 抗炎症作用

によって、紫外線に負けず、お肌の透明感をアップさせます。

美白の有効成分には、コウキエキスや、ビタミンC誘導体、ムラサキシキブエキス、アルニカエキスなどの美白有効成分を配合しています。

また、浸透の高さと、肌の柔軟性や均一性を両立したトリプルモイスチャー処方になっています。

イプサ ホワイトプロセス エッセンス OP

イプサの薬用美白美容液がリニューアルしました。

イプサ独自のDMオプティマイザーが、メラニンを含む細胞分裂を活性化させ、排出を促し、透明感のある肌に導きます。

紫外線を浴びる機会が多い方は、ダメージの蓄積でメラニンが生成されやすくなっているので、特に夏場の集中ケアにオススメです。

敏感で乾燥しやすい夏の肌にも滑らかにすっと馴染むので、とても使いやすいです。

イプサの美白美容液には、泡タイプもありますが、鎮静をしたい方にはそちらもオススメです。

20mL・6000円 / 50mL・12000円

dプログラム アレル バリアエッセンス 3000円

SPF40・PA+++で化粧下地としても使える、日中用保護美容液です。

アレルバリアテクノロジー搭載で、花粉・ちり・ほこりなど、肌に刺激を与える気になる微粒子からお肌を守ります。

紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で、赤ちゃん(新生児以外)の肌にも使えます。

専用クレンジング不要で、なんとウォータープルーフです。

くすみケアには、紫外線ダメージからお肌を守るUVケアが欠かせません。肌が敏感になっている時でもUVケアは必ずすべき。

dプログラムは、パラベン(防腐剤)フリー、アルコール(エチルアルコール)フリー、鉱物油フリー、無香料、無着色、低刺激設計、パッチテスト済みなど、敏感肌の方でもUVケアができるように、とことんこだわって作られています。

ノエビアブランプロテクター 12000円

日中用の美容液です。メイクアップベースとして使えます。

SPF50・PA++++で紫外線をブロック!

シミ・ソバカスを防ぎ、紫外線ダメージから肌をしっかりと守ります。

SPF50でもこんなに使い心地が良いんだ…と感動します。

コクがあってしっとり、保湿力も高いので、エアコンの効いた部屋でも日中の乾燥が気になりません。化粧のノリやモチも良し◎

★20代から使いたい、オススメの美白美容液をご紹介しました。使ってみたいものはありましたか?

年齢を重ねて、肌が黄色や茶色っぽくくすんだり、濃いシミができてから、美白ケアを慌ててしても、肌の透明度を一気に高めるのはなかなか難しいことです。

そのため、早め早めの対策がとても大事です。

20代は、まだまだお肌の回復も早いですから、紫外線ダメージが特に強い夏場のケアに集中して美白美容液を取り入れるだけでも、効果は感じやすいですよ♪

くすみのない、透明感のあるお肌を手に入れるために、是非、若いうちから美白美容液をお手入れに取り入れていきましょう!

夏場のお手入れで差がつく!20代から取り入れたい、美容液以外のくすみ対策とは?☆

私自身、20代後半ですが、根気よく美白ケアを継続しています。

その甲斐あってか、毎年夏場でも、なんとか色白をキープしているので、私が美容液以外で意識している、夏場の美白ケアを一通りご紹介したいと思います。

私は肌が弱く、紫外線でヒリヒリ痛くなったり、赤くなることも多いので、特に顔まわりは抜かりなくUVケアしてます。

具体的には、以下のような対策をしています。

  • 帽子・日傘・サングラスなどを使う
  • SPF50・PA++++の日焼け止めや下地を使う
  • 出掛ける前・出先では頭・顔・首に日焼け止めスプレーをする
  • お直しにはUV効果のあるパウダーや粉を使う
  • 飲む日焼け止めサプリを飲む

これらの対策は、夏場の紫外線を乗り切るためには欠かせません。

肌が白いので、「化粧品は全て美白アイテムをつかっているの?」とよく聞かれますが、私は夏場でも使っている美白化粧品は、化粧水と美容液くらいで、全て美白で揃えているわけではないんですよ。

それでも、夏場もずっと肌を白く保てているのは、化粧品以外の紫外線対策も大きいと思っています!

美白ケアは、バランスが大事なので、スキンケア・メイク・インナーケアなどから偏りなく取り入れましょう。

まとめ

いかがでしたか?今回は、20代のくすみケアに最適な美容液選びのポイントや、オススメの美容液をご紹介しました。

美容液は、基礎化粧品を変えなくても、お悩みに対して細かいところまでピンポイントにケアすることができる、非常に魅力的なアイテムです。

20代はまだまだ素肌力が高く、土台が整っている方も多いですが、20代後半になってくると、肌の保湿成分の減少や、紫外線ダメージの蓄積によって、くすみや乾燥を感じやすくなってきます。

目には見えていませんが、シミの予備軍もお肌に潜んでいますから、20代のうちから美容液で集中ケアをするのは、年齢を重ねたときに若々しいお肌を保つ、効果的な対策方法ですよ(^^)

他にも、くすみケアに役立つ記事があるので、以下の記事も参考にしてみてください。

夕方になるとお肌がくすむ…くすみの原因と日中にできる対策方法☆

肌のくすみの原因は糖化?糖化を対策してくすみ肌から抜け出そう!

お肌の「くすみ」をなんとかしたい!おすすめサプリメント9選☆

お肌のくすみを改善したい!正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料10選★

20代で美容液のお手入れに興味を持たれていること自体、美意識が高い証拠ですから、自信を持ってお手入れをしてくださいね♪

こちらの記事もご覧ください→くすみの原因や、くすみ肌の改善に効果的な「資生堂」の化粧品と美容情報☆