中学生の思春期ニキビに効果的な、おすすめの化粧水と化粧水の正しい使い方★

心も体も成長期の中学生。そんな心身ともに変化の大きい中学生は、肌荒れもしやすいもの。特に、中学生になると思春期特有のニキビに悩む人も多いですよね。

ニキビは、気なってついつい触ったり、潰してしまいたくなりますが、きちんとケアしないと、大人になった時にお肌がクレーターのようになってしまう可能性もあります。

今回は、思春期ニキビを予防・改善する化粧水についてお伝えします。

中学生の思春期ニキビができる原因は?

中学生になると、男子は身長が伸びたり、声が低くなり、女子は生理が始まって体つきが女性らしくなったり、大人びてきますよね。

中学生は、体の成長とともに、お肌状態にも変化が出てくる時期です。

中学生のお肌の特徴は、ホルモンバランスの影響で、過剰に分泌される皮脂です。

皮脂は、お肌に必ず必要なもので、お肌の表面に皮脂の膜をはることで、水分蒸発を防いだり、外的刺激からお肌をまもる、バリア機能の役割があります。

しかし、皮脂が過剰に分泌すると、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖して、ニキビが発生してしまいます。特に皮脂分泌の多いTゾーンや鼻などはできやすいパーツです。

ニキビには、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・黄ニキビと段階があります。

白ニキビと黒ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や、古い角栓が元となっており、コメドとも呼ばれています。痛みもなく、爪でひっかくとポロっととれることもあります。

この毛穴に詰まった皮脂や古い角質の塊(コメド)が白ニキビや、黒ニキビになります。

白ニキビは、お肌の表面の毛穴が皮脂詰まりによって白っぽく目立ったもので、黒ニキビは酸化して黒くなったものです。

10代の肌荒れに多いのは、この白ニキビや黒ニキビが炎症を起こしたり、化膿して、痛みを伴う赤ニキビや黄ニキビに変化したものが大量にできてしまうことです。

中学生は、まだまだスキンケアを徹底している方も少ないですから、お手入れ不足によってニキビが悪化したり、なかなか治らないケースも多く見られます。

ニキビは、ついつい気になって触ったり、潰してしまうと、悪化して治るまでに時間がかかったり、クレーターのような跡が残ってしまうこともあります。

そのため、思春期ニキビに効くスキンケアアイテムや、ニキビを予防・改善するスキンケアのやり方を身につけておきましょう!

思春期ニキビに必要なスキンケアは?

中学生でも簡単に取り入れられる、思春期ニキビの予防・改善に必要なスキンケア方法をご紹介します。

洗顔

洗顔は、最も多くの人が幼い頃から取り入れているスキンケアです。お肌は、生活しているだけでも、汗やホコリ、大気汚染などによって汚れるものです。

顔は、体に比べて皮膚が薄い上に、空気に触れる面積が広いので、汚れも溜まりやすいパーツです。そのため、毎日の洗顔で汚れを取り除き、お肌を清潔に保ちましょう。

思春期ニキビができている方は、過剰に皮脂が分泌しているサインなので、丁寧な洗顔で、毛穴に詰まった皮脂汚れを確実に取り除いてあげましょう!

洗顔をする時は、以下のような点を意識して行ってみてください。

  • 洗顔は朝と夜の2回行う
  • ニキビ用洗顔料を使う
  • 洗顔料はしっかり泡立てる
  • ゴシゴシこすらず、優しく洗う
  • すすぎは30回以上行う
  • タオルを顔に当てて水気を拭き取る

汚れが残っているお肌は、炎症を起こしてニキビもできやすいですし、化粧水もうまく浸透しません。

正しい洗顔で、お肌に余分な皮脂や汚れを取り除き、お肌を清潔に保ちましょう。

保湿

幼い頃は洗顔のみのケアでも十分ですが、思春期になると、成長ホルモンの影響でお肌状態は左右されやすくなります。

そのため、基礎化粧品でお肌を整えましょう。ニキビを予防・改善するためには、保湿ケアが重要です。化粧水や乳液を使って行いましょう。

洗顔後、普段から保湿ケアの習慣がない方は、乾燥によって皮脂が足らなかったり、毛穴が開いて汚れが溜まりやすいことが原因でニキビができやすくなっている可能性もあります。

お肌は乾燥すると、お肌を守るために、過剰に皮脂を分泌する傾向にあるので、保湿をすることは、乾燥を防いでニキビの予防・改善にもつながります。

思春期ニキビに必要な保湿は、化粧水で水分を与え、過剰な皮脂(油分)をコントロールすることが目的です。

化粧水には、皮脂分泌を抑えること以外にも、以下のようなはたらきがあります。

  • 潤いを与え、水分を補う
  • 肌の調子を整えて柔らかくする
  • 清涼感を与え、肌を引き締める
  • ニキビの菌を殺菌する(ニキビ用の化粧水)
  • 化粧水のあとに使う基礎化粧品の浸透を良くする

化粧水は肌馴染みが良いので、化粧品のベタつきが苦手…という方でも使いやすいです。

化粧水を使うことで、テカテカとしてオイリーなお肌状態も落ち着かせます。

また、化粧水は一時的にお肌を潤すことができますが、時間が経つと蒸発してしまうので、乳液で適度な油分も与え、保湿力を高めましょう。

思春期ニキビに効く、おすすめの化粧水★

思春期ニキビに効果的な化粧水をご紹介します。

オルビスクリア 薬用クリアローション 1620円

オイリー肌でテカリやベタつきの気になる、10代の思春期ニキビにもおすすめの化粧水です。

お肌を守るバリア機能が低下して、乾燥が気になる方でも、低刺激で使いやすい、100%オイルカット+高保湿成分を配合しています。

浸透型コラーゲンやヨクイニンエキスなどの保湿成分や、紫根エキスや甘草エキスを配合しています。

ノンコメドジェニック(ニキビができにくいと実証済み)の製品です。

ファンケルアクネケア 1620円

水分や油分のバランスを整え、バリア機能を高めて、ニキビのできにくいお肌をつくります。

毛穴詰まりや乾燥を改善しつつ、アクネ菌のケアに効果的殺菌作用もあります。

こちらのもノンコメドジェニック処方で、ニキビを根本的に改善したい人におすすめの、ニキビ専用の化粧水です。

防腐剤・香料・合成色素・界面活性剤・紫外線吸収剤不使用で、お肌にも優しい処方になっています。

ノブA アクネローション  1296円

アクネ菌の繁殖を防ぐために、ニキビの栄養源になりにくい原料でつくられている、ニキビ用化粧水です。

さっぱりとした使い心地ですが、しっかりとお肌に潤いを与え、保湿します。

無香料・無着色・低刺激性・オイルフリー・ノンコメドジェニックテスト済みで、まさにニキビのためにつくられた化粧水です。

DHCアクネコントロール フレッシュローション 1000円

皮脂分泌の多い、10代の思春期ニキビを防ぎ、お肌を引き締めて潤いを与えます。

メントール誘導体によって、さっぱりとした使用感が特徴的です。同シリーズの洗顔料と化粧水の2ステップでお手入れが完了するというシンプルケアでニキビを予防・改善します。

無香料・無着色・アルコールフリーでお肌にとっても低刺激です。

ナチュリエ ハトムギ化粧水 650円

天然ハトムギエキスを配合したプチプラ化粧水です。ニキビ専用の化粧水ではありませんが、プチプラで口コミ評価が高く、「ニキビが治った!」、「ニキビができにくくなった」といったお声を多く集めています。

グリチルリチン酸2kには、抗炎症作用があるので、炎症を起こした赤ニキビの改善にも効果的です。

無香料・無着色で、ニキビを悪化させてしまうものは含まずにつくられています。

プチプラで評価も高いので、初めてこ化粧水にもおすすめです(^^)

無印良品 敏感肌用化粧水 580円

ニキビ専用の化粧水ではありませんが、敏感傾向にあるお肌の方に是非一度試してほしい化粧水です。

ニキビができるということは、お肌のターンオーバーが乱れて敏感に傾いているサインです。敏感肌を正常に立て直すためには、低刺激で潤いを与える化粧水が必要です。

無印良品の敏感肌用の化粧水は、保湿力の高いリピジュリアRや、グレープフルーツ種子エキスを配合し、デリケートなお肌でも安心して使えます。愛用者が多いのも納得の化粧水です。

サイズが豊富なので、ミニサイズでお試しができるのも嬉しいポイントです。

オードムーゲ 薬用ローション 970円

50年以上も愛されているロングセラー商品です。こちらは、洗顔後1番最初に使う、拭き取り用の化粧水で、皮脂の分泌を抑えて、お肌をキュッと引き締めます。

殺菌効果の高い、イソプロピルメチルフェノールが含まれており、アクネ菌を殺菌します。

拭き取り化粧水は、ニキビの原因となる過剰な皮脂や、古い角質汚れを取り除いてくれるので、ニキビのできにくい環境を整え、化粧水の浸透も高めてくれます。

ただ、エタノールが含まれているので、敏感肌の方や、炎症ニキビの多い方はお肌に刺激になる可能性もあるので、様子を見ながら使うようにしましょう。

正しい化粧水の量や付け方

ニキビに効果的な化粧水を選べたら、化粧水の効果を引き出せるように、正しい使い方も身につけましょう。

化粧水の量

化粧水は、パシャパシャと浴びるように、たくさん使えば良いというものではありません。

化粧水の適量は、ものによって異なりますが、目安としては500円玉サイズが適量と言われています。

また、500円玉サイズの化粧水は、一度ではお肌に浸透しないので、2〜3回にわけて馴染ませると良いです!

化粧水は、少量だと摩擦を与えてお肌を傷つける可能性があるので、ケチらずに使いましょう!お肌がヒンヤリするくらいが丁度良いです(^^)

化粧水の正しい付け方&馴染ませ方

化粧水は手でつける場合と、コットンでつける場合がありますが、コットンは慣れていないとお肌を傷つける可能性があるので、手でつける方が確実です。

化粧水は、手のひらに出したら、体温で軽く温め、まずは顔全体につけましょう。

このとき、内側から外側へ向かって、手のひら全体を使って顔にスタンプを押すように化粧水をつけていきます。

化粧水を全体につけたら、指の腹をつかって、乾燥しやすい目元、口元、鼻周りにもしっかりとなじませます。

化粧水をつけた後は、すぐに次のステップへはいかずに、両方の手のひらを使ってお肌を包み込むように軽く押さえ、顔全体になじませましょう。

全体がもっちりとして、手の平に吸い付くくらい馴染んだら完了です。

化粧水をつけるときに、パンパンとお肌をたたく人がいますが、これは強い刺激となるので、ニキビを潰してしまったり、お肌を傷つける原因にもなるので、化粧水は優しく丁寧に浸透させましょう。

まとめ

いかがでしたか?中学生に多く見られる思春期ニキビは、ホルモンバランスの影響で過剰に分泌した皮脂が大きな原因であるとわかりましたね。

思春期ニキビは、気になって触ったり、潰したりすると、どんどん悪化して、大人になった時にクレーターのような跡が残ってしまう可能性もあります。

中学生のうちから正しいスキンケアのやり方を身につけ、綺麗なお肌を手に入れましょう!

また、思春期ニキビに効果的な化粧水でお肌を引き締め、潤いを与えてお肌状態をコントロールしていきましょう!

こちらの記事もご覧ください→ニキビ対策には保湿が不可欠!ニキビにおすすめの市販の保湿クリーム