ニキビを悪化させない化粧のやり方や、肌負担の少ない化粧品選びのポイントは?

ニキビができると、顔の印象やその日の気分まで下げてしまいますよね。多くの女性が、毎日のように化粧をしますから、ニキビを綺麗に隠したいものです。

「ニキビができているときに化粧をすると、お肌状態が悪化する」という話も耳にしますが、化粧のやり方を工夫すれば、お肌に負担をかけずに化粧をすることができます。

今回は、ニキビがあっても負担にならない、化粧のやり方をお伝えします。

ニキビに負担の少ない化粧品の特徴は?

仕事をしていたり、人に会う予定があれば、ニキビができているときでも、化粧をしますよね。

そんな時は、ニキビが悪化しないように、お肌に負担をかけない化粧品を活用しましょう。ニキビに負担の少ない化粧品の特徴をお伝えします。

油分少ないもの

油分は、ニキビの原因菌であるアクネ菌の好物です。油分の多い化粧品を使うことで、ニキビが悪化する可能性があります。

ニキビができているときは、油分の多い化粧用品はなるべく避けたいものです。

低刺激

ニキビができていても、メイクを綺麗に仕上げるためには、化粧品の重ね付けが必要な場合もあります。

ニキビができているということは、お肌状態が揺らぎやすく、バリア機能が弱まって敏感に傾いているサインです。そのため、なるべく低刺激な化粧品を使い、お肌トラブルを悪化させないように意識しましょう。

保湿成分配合

ニキビは、過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まり、そこから角栓ができ、炎症ニキビが発生します。

この皮脂の過剰分泌の原因の1つに「乾燥」があるとご存知でしたか?

お肌は、油分によって守られているため、乾燥するとお肌が危険を察して、皮脂を過剰に分泌する傾向にあり、そこからコメドがつくられ、炎症ニキビにもつながるのです。

皮脂の分泌量が多いと、お肌が潤っていると錯覚してしまいますが、実際は、お肌の内側は乾燥していて、ニキビの原因となっているのです。

お肌の乾燥は、最も日中に進行しやすいので、化粧をしている間も、乾燥を防ぐための保湿ケアが必要です。

ノンコメドジェニック

ノンコメドジェニックテスト済みの製品とは、ニキビの元となる、皮脂や角質の固まった「コメド」が、できにくい原料でつくられているかどうかの試験をクリアしたものを表します。

ノンコメドジェニック化粧品は、実際にパッチテストを行って有効性を確認しているものもあり、ある程度の信頼度もあるので、化粧品を選ぶときの目安になります。

ただし、全ての人に有効であるとは限らないので、あくまで、参考程度に考えておきましょう。

ニキビに負担の少ない化粧品の選び方★

下地

化粧下地は、ファンデーションのもちをよくするために必ず使用しましょう。化粧下地は、一番初めにお肌に直接お肌に塗るものなので、特に「低刺激なもの」・「保湿力の高いもの」・「UV効果のあるもの」を選びたいものです。

「敏感肌用」、「赤ちゃんでも使える」、「石鹸で落ちる」といった表記のあるものは低刺激なものが多いです。

保湿成分は、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されたものを選ぶと良いでしょう。

バリア機能が低下したお肌は、紫外線のダメージも受けやすいので、UV効果のあるものでお肌を守りましょう。

また、化粧下地は肌色補正効果のあるものを選ぶと、ニキビの色味をカバーできます。

赤ニキビにはグリーンのコントロールカラー、くすんだ色のニキビ跡にはイエローのコントロールカラーがおすすめです(^^)

お肌への摩擦を軽減するために、伸びのよい、柔らかいテクスチャーのものを選べるとさらき理想的です!

ファンデーション

お肌を綺麗にみせたり、トラブルをカバーするために、最も広範囲に使用するのがファンデーションです。

ファンデーションは、お肌負担の少ない、自然由来のミネラルファンデーションを選ぶのがおすすめです。

ミネラルファンデーションは、パウダータイプのイメージが強いですが、リキッドやクリームタイプもあります。

ミネラル100%のものは、クレンジングも不要なのでお肌に非常に優しいです。

ファンデーションには様々なタイプありますが、お肌状態に合わせて、いくつか使い分けをするのが理想的です。

以下は、ファンデーションの種類と特徴です。

  • パウダータイプ…肌への刺激が一番少なく、敏感肌の人でも使いやすい
  • リキッドタイプ…液体状で伸びがよく、カバー力が高い
  • クリームタイプ…保湿力やカバー力が高い

パウダータイプが向いている方

パウダーをファンデーションは、お肌が全体的に敏感な方、広範囲にニキビができている方などにおすすめです。

ニキビは油分の多いファンデーションを使うと悪化しやすいので、ニキビの多い方は、比較的油分の少ないパウダーファンデーションが向いています。

パウダーファンデーションはお肌への刺激も最も少なく、クレンジングによる負担も抑えられます。

しかし、均一に伸ばすのが難しかったり、お肌が乾燥しやすいというデメリットもあるので注意が必要です。

乾燥によってもニキビはできてしまうので、ニキビが広範囲にできている方は、パウダーファンデーションをメインに使いながら、保湿の美容液スプレーなどを活用して、日中の保湿ケアをしましょう。

リキッドやクリームタイプが向いている方

お肌の乾燥がひどく、所々に赤ニキビや白ニキビもできている場合は、ニキビ以外のパーツはリキッドやクリームタイプのファンデーションを使うのがおすすめです。

リキッドやクリームタイプは、油分を多く含み、防腐剤や界面活性剤などを使用しているので、パウダーファンデーションに比べると、お肌への負担が大きいですが、保湿力や仕上がりの美しさは抜群です。

また、薄づきでもカバー力が高く、化粧崩れもしにくいので、ニキビの数が少なければ、お肌の広範囲はリキッドやクリームタイプで仕上げ、ニキビの部分だけパウダーをファンデーションやコンシーラーでカバーをするのが良いでしょう。

ニキビには、痛みのない、コメドと言われる角栓が毛穴に詰まっている場合と、痛みを伴う赤く炎症を起こしたニキビがあります。

また、見た目は綺麗でも、お肌を触った時に、痛みがなく、肌の表面がポツポツとしていたら、新しいニキビの予備軍が潜んでいるサインです。

これらが成長して炎症ニキビになると厄介なので、ファンデーションを薄づきにしたり、刺激を与えないようにしましょう。

コンシーラー

コンシーラーは、テクスチャーが硬く、カバー力の高いパレットやスティック状のものや、液体状のリキッドタイプがあります。

凸凹した目立つニキビや、色の濃いニキビは、リキッドタイプでは十分にカバーできないので、固形のスティックやパレットタイプがおすすめです。

また、お肌よりワントーン暗めの色を選ぶとお肌に馴染みやすくなります。

ノンコメドジェニックテスト済みのものや、オイルカットの薬用コンシーラーなど、低刺激なものを選ぶとニキビへの負担も少なく済みますよ(^^)

【注意】ニキビを悪化させる化粧のやり方

ニキビをカバーする時は、間違ったやり方で行うと、悪化させる可能性が高いので注意して行いましょう。

ファンデーションやコンシーラーの過剰な重ね付け

ファンデーションやコンシーラーは、凸凹の目立つニキビを隠すのに大活躍します。

炎症ニキビは目立つので、何度も何度も繰り返し重ね付けをしてしまいがちです。

しかし、ニキビが悪化する原因の1つに、化粧の重ね付けが挙げられます。上手く隠れないからといって何度も重ねてつけると、ニキビを刺激して逆に悪化したり、乾燥の原因にもなります。

ニキビをカバーする時は、スポンジやパフ、ブラシを使う時に、擦らないように、優しく使うのもポイントです。

コンシーラーをニキビに直接塗り込む

ニキビをカバーする時、コンシーラーがニキビに触れすぎてしまうと悪化の原因になります。

コンシーラーは、ピンポイントでスポット的に塗るものなので、特に圧がかかりやすく、刺激にもなりやすいです。

何度もクルクルと塗り込むと、コンシーラーのカバー力も低下してしまうので、指の腹やチップなどを使って、優しくサッと塗るようにしましょう。

塗ったあとは、ニキビには直接触れずに、ニキビの周辺を軽くトントンとたたいてお肌に馴染ませましょう。

化粧道具が不衛生

みなさんは、化粧道具を清潔に保てていますか?メイクブラシやスポンジ、パフなど、繰り返し使うと汚れが蓄積します。

不衛生な化粧道具から雑菌が繁殖し、ニキビが炎症を起こしたり、悪化の原因になります。

肌に直接使う化粧道具は、まめにお手入れしましょう。

目安としては1週間に1回、中性洗剤や専用のクリーナーを使って洗いましょう。

ブラシは、中性洗剤を溶いたぬるま湯につけ、パフやスポンジは中性洗剤か専用クリーナーを揉み込み、洗剤かなくなるまで洗い流しましよう。

軽く絞ったら、風通しの良いところに干します。完全に乾かすことが大切なので、いくつかもっておけば、乾くまでの間も替えがあるので安心です!

化粧をする前の保湿ケアも重要!

ニキビは、化粧でカバーだけではなく、スキンケアで根本的に改善することも、とっても重要です。

ニキビに悩む多くの人が、間違ったスキンケアをによって炎症が起きやすくなったり、悪化しやすくなっています。

ニキビを改善するためには、潤いを保つ決め手となる、角層を健康にする必要があります。

特に、メイク前のスキンケアは、一日中潤いを保つためにとっても重要です。例えば、潤いを保つためにはこんな工夫をすると効果的です。

  • 朝でも保湿クリームを使う
  • スキンケアがお肌に馴染むまでハンドプレスをする
  • スキンケアが肌になじんでから化粧を始める

特別なことは特に何もしていませんが、ちょっとした工夫でお肌の保湿力が高まり、日中の乾燥改善、ニキビ予防、化粧崩れ防止につながります☆

まとめ

いかがでしたか?今回は、ニキビに負担をかけない化粧品の選び方や、ニキビを悪化させる化粧の注意点などををお伝えしました。

「ニキビができている時に化粧をすると悪化する」という説もありますが、ニキビができている間、全く化粧をしないというのは難しいと思うので、お肌に負担のかけない化粧のやり方を知っておくと、トラブルの悪化を防ぐことができます。

ニキビは、化粧をしている間が最も乾きやすく、ダメージを受けて敏感になりやすいので、メイク前の保湿ケアも意識して行ってみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→ニキビに効く、市販の化粧水・乳液を徹底調査!正しいニキビケアで綺麗になろう!