オフィスでできる☆椅子に座って簡単腰のストレッチ☆

腰の痛みに悩んでいませんか?

現代人は長時間の座り姿勢によって猫背の状態が続くこともあり、腰痛問題はかなり深刻な状況です。

腰痛には悩んでいないよ〜という人でも、腰の重さや疲れやすさを感じている方は、腰痛予備軍!なので、日々のストレッチで凝り固まった腰周りの筋肉をしっかりほぐしていきましょう。

オフィスでも椅子に座った状態でできる、腰のストレッチがありますよ♪

腰の痛みが辛い!腰痛の原因は?

腰の痛みを感じている方は多いですよね。腰痛の原因は、様々に考えられます。

座り姿勢が悪い

多くの人に当てはまるのが「姿勢が悪い」ということです。

オフィスで長時間椅子に座った状態で仕事をしていると、背中が丸まって猫背の状態になりますよね。

背中が丸まった状態が長時間続いてしまうと、腰に負担がかかります。足を組んで座っている方も注意です。

姿勢が悪いと、筋肉が凝り固まり、血行が悪くなって老廃物が溜まってしまうんです。

こういった状態が蓄積されると、痛みを引き起こしてしまうんですよ。

重いものをもつ機会が多い

重いものをもつ機会が多い方は、持ち運びの際に腰に負担がかかっています。

オフィスで重たい書類を運んだり、買い物をして5kg以上の米や水のケースを抱えて階段を上ったり、お子さんの抱っこも腰に負担がかかります。

重い書類は押し車を使ったり、何回かに分けて運んだり、重い荷物はネット注文などで自宅に届くように手配したり、お子さんは長時間の抱っこは控えるなどして工夫をしてみてください。

体が冷えている

体が冷えると、血行が悪くなって腰にも負担がかかっています。薄着で寒い思いをした上に、腰痛も悪化してしまったら最悪ですよね。

特に、下半身が冷えると腰が重く、だるく感じてしまいます。

夏場はカーディガンを着たり、ストールで腰回りを冷やさないように冷房対策をして、冬場はタイツやヒートテックパンツ、毛糸のスパッツなどを身につけて、夜は湯船にしっかり浸かって体の芯からあたためましょう。

服装が腰に負担をかけている

重すぎるコートを着ると猫背になったり、自分の足に合わない靴を履くことで、歩き方が変になると、腰への負担がかかってしまいます。

なるべく軽いアウターや、自分の体に合った靴を選ぶようにしましょう。

オフィスでヒール靴が義務の方は、帰宅用にペタンコ靴を持ち歩くのもおすすめです。

毎日の腰ストレッチで腰痛解消へ♪

日々の生活の中で、腰への負担は想像以上に大きく、厚生労働省では5年前には「職場における腰痛予防対策」を改訂するほど、深刻な問題として捉えています。

そんな腰痛を少しでも解消するためには、なによりも「毎日のストレッチ」が大切です。

腰の痛みを感じると、マッサージに行く方も多いと思いますが、それは一時的なものです。

私自身、プロの手を借りることはありますが、基本的に凝り固まった筋肉を毎日自分でほぐすことが何より効果があると感じています。

自分でほぐすようになってからは、凝りが蓄積する前に手を打てるので、腰痛が悪化することがなくなり、以前は手放せなかった湿布の出番も随分と減りました。

日々のストレッチで、腰の痛みは軽減できるはずです。

オフィスで椅子に座ったままできる☆腰のストレッチ5選!

今回は、オフィスで椅子に座っていてもできる腰のストレッチをご紹介します。

腰のストレッチ①

椅子に座ったら、体をねじって腰の筋肉を伸ばしていきます。

膝が開かないように、体も目線も出来るだけ後ろに向けましょう。反対方向も同じように行ってください。

腰のストレッチ②

腰痛の原因は、お尻の筋肉が凝っていることも大きく関係しています。

椅子に腰かけ、片足を曲げてもう片方の太ももの上にのせます。そのまま上半身を倒していきましょう。

背筋を伸ばしたまま倒していくと、よく伸びますよ♪

椅子に座ったストレッチは、お尻の筋肉がよく伸びるので、是非取り入れてみてください♪

腰のストレッチ③

猫背がよくないからといって、背中を反ってしまうと、逆に腰痛を悪化させる危険性が!

腰のストレッチをする時は、丸める方が効果的です!

椅子に腰かけ、ゆっくりと体を前に倒して、力を抜きましょう。

お腹にクッションや丸めた膝掛けなどを置くと楽です。

リラックスしながら腰の筋肉を緩めることができます。

腰のストレッチ④

背筋を伸ばして椅子に座り、脚を大きく開きます。両手を頭の後ろで構えて、上半身を横に傾けます。

脇や腰が伸びているなと感じるところでキープしましょう。お尻は椅子から浮かないように気をつけましょう。

反対方向も同じように取り入れてみてください。

オフィスでスカートを履いている方は、足を広げることは難しいので、足を閉じた状態でもOKです♪

腰のストレッチ⑤

拳を作って腰回りを軽く叩きましょう。

叩いた時に痛気持ちいい部位があれば、親指に圧をかけて、グリグリとほぐしてみましょう。

また、腰に限らず、ストレッチは全身に効いてくれます。

背中のストレッチは、腰にも肩にも効きますし、下半身ストレッチは、座り姿勢で脚がむくんだり、だるくなりやすい方にもおススメです☆

椅子に座って取り入れられる、下半身のストレッチも合わせてチェックしてみてください☆

仕事中、椅子に座っていてもできる☆効果的な背中ストレッチ5選

◯◯しながら簡単にできる♪椅子を使った下半身ストレッチ☆6選

まとめ

いかがでしたか?悩んでいる方も多い、腰痛問題。今回は、腰痛解消に役立つ、オフィスで椅子に座ってできる腰のストレッチをご紹介しました。

腰の痛みを放っておくと、慢性的な腰痛で、長時間の座り姿勢がかなりしんどくなってしまいます。

そんな状態で仕事を続けるのは辛いですよね。

仕事上、長時間椅子に座るのは仕方のないことですから、オフィス業務を快適に過ごすためにも、仕事中腰まわりの筋肉をしっかりほぐして、腰痛から脱出しましょう♪

今回ご紹介している、椅子に座ってできるストレッチは、仕事の合間にできるものばかりなので、是非休憩中に試してみてくださいね☆

こちらの記事もご覧ください椅子に座ってできる!ふくらはぎのストレッチ&マッサージ☆