顔の乾燥を改善したい!即効性のあるお手入れでやる気もアップ!

顔の乾燥や肌荒れが続くと気分が下がってしまいますよね。そんなときは「すぐに改善する方法はないかな?」とか、「お手入れの効果が早く出たらいいのに…」と思いますよね。

顔の乾燥やお肌トラブルの改善には、日々のお手入れの積み重ねに叶うものはありませんが、数あるお手入れの中で、経験談から即効性が感じられた対策方法をお伝えしますね。

顔の乾燥の原因は?即効性を感じると、お手入れのスイッチが入る!

私は美容部員の経験がありますが、若くても顔の乾燥を感じている方は、本当にたくさんいらっしゃいます。また、自分では乾燥を感じていなくても、乾燥している方も結構いらっしゃるんですよね。

顔の乾燥の原因は様々ですが、私たちのお肌は年齢とともに、保湿成分の再生や油分の分泌が少なくなるので乾燥しやすくなります。

これはお肌の仕組みと、年齢の関係から既にわかっていることです。そのため、早め早めの対策が必要となります。

現代は、老化のスピードが5歳早まっていると言われているので、今日からご自身のお肌と向き合って、お肌に合ったお手入れ方法を見つけていただきたいと思います。

しかし、そうは言われても「どんなことをしたら良いかわからない」という方もいらっしゃいますよね。

皆さん、即効性があって乾燥の改善やお肌の変化を感じられると、「お手入れを頑張ろう!」とやる気スイッチが入るものです。

私は美容部員の経験から、そういったきっかけでどんどん美意識が上がって、綺麗になっていった方をたくさん見てきました(^^)

やはり、実感がもてないとお手入れは続かないと思うので、1年中乾燥肌の私が美容部員の経験から学んだ、即効性のあるお手入れ方法をお伝えしようと思います。

即効性が期待できる、顔の乾燥を改善する方法

私は、今まで顔の乾燥を改善するために、色々な対策をしてきました。その中で即効性を感じたものをご紹介します。

個人差があるものなので、すべての人に当てはまるものではありませんが、私が即効性を感じてやる気スイッチが入ったものをお伝えしますね。

保湿クリームを変えた時

私は、クリームの質をグレードアップした時に即効性を感じました。

美容部員の経験から、化粧水よりもクリームを変えて肌状態が変わったという方が多い印象は受けていましたが、これは自分でも実感しました。

以前はクリームはベタベタしていてあまり好きではなかったんです。

実際に、皆さんクリームは好き嫌いが分かれますし、ベタつきが苦手な方は適量を使えていないことも多いので、顔の乾燥を改善できないことが多いんですよね。

肌馴染みの良い、使い心地の良いクリームに出会えると、お手入れが楽しくなります。そうすると、1年を通して適量を使えるようになるので、乾燥を感じにくくなりますよ。

クリームは栄養をギュッと凝縮できるので、グレードを上げると即効性も感じやすいのです。

保湿クリームを使っていなかった人は、油分ケアを始めると、今まで蒸発していた水分がお肌に留まるので、即効性を感じやすくなります。

これから、冬に向けて乾燥しやすくなるので、クリームを味方につけましょう!

日中ケアの強化は即効性あり!

毎日、朝と夜のスキンケアはしていても、日中のケアが疎かになっていると、顔の乾燥はなかなか改善しません。

なぜなら、日中はお肌にとって最も過酷で、乾燥するからです。私は、1年中空調の効いた室内で仕事をしているので、日中の乾燥には悩まされていました。

しかし、日中ケアのアイテムを保湿力の高いものに変えたら、顔の乾燥を感じにくくなりました。

その時は、朝と夜のお手入れを強化しても、毎日乾燥を感じる日々を過ごしており、日中ケアのアイテムを変える方が即効性がある印象でした。

顔の乾燥を感じやすい方は、水分保持力が弱いため、朝の保湿だけでは、夜まで潤いを持続するのが難しいのです。

そのため、日中ケアの強化や潤い補給をすると、即効性を感じやすくなるでしょう。

私は、具体的には化粧下地を美容成分の配合されたものにワンランクグレードアップしました。これだけで随分変わりました。

化粧品は使い心地が重要なので、同じ価格帯のもので試供品を試し、ワンランク上のものも同じように試してしっくりきたものに決めました。

後々、ファンデーションや仕上げのお粉も保湿成分の高いものに変えましたが、下地は化粧の土台になるので、日中ケアを強化するなら下地類がおすすめです。

保湿力を考えると、3000円前後くらいのものを目安に比較すると良いでしょう。

私は下地マニアですが、気になるものは、試供品を試して1日のお肌の様子をみてから決めています。

また、選ぶ時は、ビューティーアドバイザーの方のアドバイスも参考にしています。

「自分のお肌のことがよくわからない」という方は、お肌に合うものを選んでもらいましょう。肌に合うものを選べば、早い段階で良い変化を感じるはずです(^^)

良質な睡眠は1番の薬

当たり前かもしれませんが、睡眠はお肌をつくるためにとっても重要です。色々なお手入れをしてきた中で、特別なケアよりも即効性を感じたのは睡眠でした(^^)

私たちのお肌は眠っている間に再生され、成長ホルモンが分泌されます。私はよく眠れた日の翌日はスキンケアや化粧のノリが良いです。

私が睡眠の大切さや、お肌への影響を実感したのは不眠症になってからです。その時期は顔の乾燥がなかなか改善せず、例年より肌荒れがひどかったです。いつもより調子が悪いのは明らかでした。

快適に眠れることが、どれだけ幸せなことか、睡眠がどれだけお肌にとって必要なものか、その時に実感しました。

そして、睡眠はお肌を生き生きとさせてくれる1番の薬だと感じました。良質な睡眠は、顔の乾燥の改善に、即効性があると言えます!現代人は寝不足の人が多いので、たっぷり睡眠をとるようにしましょう(^^)

顔の乾燥が悪化したら迷わず皮膚科へ

顔の乾燥が悪化して、化粧品がしみてヒリヒリしたり、赤みやかゆみがひどくでてしまったら、迷わず皮膚科へ行きましょう。

こういう時は、普段の対策ではどうにもならないことが多いです。薬や保湿剤を使わなければ改善できないこともあります。

皮膚科の薬や保湿剤は、継続して使うものではありませんが、即効性があります。ある程度回復するまでは使うと良いでしょう(^^)

皮膚科の保湿剤については、こちらに詳しくまとめているので、気になる方はご覧になってください。→顔の乾燥やヒリヒリとした痛みは、皮膚科の薬(保湿剤)で治せる!

顔の乾燥やトラブルがすぐにお肌に表れる、NG習慣を知ろう

顔の乾燥を対策するために、即効性のあるお手入れを取り入れることは重要ですが、もう一つポイントがあります。

それは、顔の乾燥や肌荒れがお肌に表れやすくなる、悪い習慣を改善することです。

良いものを取り入れるだけでなく、悪いものを改めることも、とても重要なことです。

良いものを取り入れても、悪い習慣をそのまま継続していたら、せっかく取り入れた良いお手入れの効果は発揮できません。

実際に私は、スキンケアのグレードを上げてあれこれお手入れをしていても、乾燥が全く改善しなかった経験があります。一方で、悪い習慣を改めたら、シンプルなスキンケアでもお肌が安定したという経験もあります。

悪い習慣を改めて、お手入れの即効性を高めましょう(^^)

自身の経験から、顔の乾燥をお肌に表れやすくしてしまう、悪い習慣の例をご紹介します。

  • 疲れてクレンジングをせずに眠ってしまう
  • お肌が弱っている時にウォータープルーフの下地類を使っている
  • 角質ケアのしすぎ
  • 偏った食生活(1つのものを食べすぎる・脂っこいものや甘いものの食べ過ぎ)
  • エアコンの風に当たることが多い
  • 睡眠不足

これらは、私自身、すぐにお肌へ悪い症状として表れると感じる行為です。お肌にとって悪い習慣は、ここに書ききれないほど存在しますが、自分のお肌と向き合うと、お肌の不調を感じさせる悪い習慣を段々と把握できるようになります。

個人差はありますが、そういった習慣をどんどん見つけていって、改めていきましょう。そうすればお肌は絶対にきれいになっていきます。

私は、美容部員の経験や個人の体験から、顔の乾燥を改善する方法を発信しています。乾燥にお悩みの方や、美肌を目指している方は、是非ご自身のお手入れに役立ててみてください(^^)

こちらには正しいお手入れ方法をまとめています。お役に立てれば幸いです♪

正しい洗顔のまとめ→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

スキンケアや日中ケア→お肌のザラザラの原因は乾燥にあり!対策方法は?

まとめ

いかがでしたか?顔の乾燥は、悪化すると治りにくくなるので、即効性のあるお手入れを取り入れることは重要です。

即効性を感じると、やる気スイッチも入ってお手入れも継続しやすくします。

また、お肌にとって良いものを取り入れることも大切ですが、お肌にとって悪い習慣を改めることも、顔の乾燥の改善につながります。

是非、今日から取り入れてみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥に効く、おすすめの市販のクリームと選び方の秘訣は?