◯◯しながら簡単にできる♪椅子を使った下半身ストレッチ☆6選

みなさんは、下半身のストレッチをしていますか?

多くの女性は、下半身にお悩みを抱えています。

夕方になると、脚のむくみやだるさなど、疲れを感じてしまいますよね。これを放っておくと、脂肪の原因となり、下半身太りにも繋がってしまうんです。

特に、姿勢の悪い方は、血行不良で冷えを起こしたり、老廃物も溜まりやすく、下半身の不調を感じやすいのです。また、腰にも負担がかかって痛みがちです。

そんな下半身の不調から脱出するには、ストレッチが効果的です。

私自身、ストレッチのおかげで、下半身の不調から抜け出すことができました☆

特に、今回は職場や家など、椅子があればいつでも簡単に取り入れられるストレッチをご紹介します。

椅子があればどこでも簡単にできる☆下半身ストレッチ☆

職場や家にある椅子を使って、簡単な下半身ストレッチを取り入れましょう(^^)

下半身ストレッチ①

まずは椅子に腰かけ、片足を伸ばして踵をつきます。

この状態でゆっくり前屈します。

お尻や脚の裏の筋をしっかり伸ばしましょう。反対の足も取り入れてみてくださいね。

下半身ストレッチ②

片足を曲げて、足首を、もう片方の足の太ももの上にのせます。

そのままゆっくり前屈しましょう。

 

お尻がしっかり伸ばせるので、椅子にずっと座っている方は是非取り入れてみましょう。

下半身ストレッチ③

続いては、私が家で椅子を使ってよくやっているストレッチです。

職場など、人目のつくところではあまりお勧めできませんが、私はテレビを見ながらよく取り入れています。

まぐは、椅子の背もたれに片足をかけます。

足はそのままで身体を横に傾けます。

股関節と太ももの裏が伸びてすごく気持ちいいのでおすすめですよ♪

下半身ストレッチ④

先ほどと同じで、椅子の背もたれを活用したストレッチです。

今度は、背もたれにかけた足の膝の向きを横に傾け、つま先を掴んで自分の脇に近づけてキープ。

太ももや腰、背中、股関節に効きます。

ちょっと身体が硬いと難しいので、無理はなさらずに。

バランスを崩して倒れないように、もう片方の手は安定したところに置いてくださいね。

椅子の高さは、自分の腰と同じくらいの高さが理想です。

下半身ストレッチ⑤

椅子の背もたれに手を添えて、片足を上げてキープしましょう。

腕には力を入れず、お腹が出すぎたり、背中も反りすぎないようにね。

バランスをとる力も養われます。このストレッチの後はじんわりあたたかくなって、体もポカポカしてきますよ♪

少し辛いくらいが効きます。

また、長時間椅子に座っている方は、肩まわりなど、上半身も凝りやすいです。

背中まわりのストレッチも加えるとより効果的ですよ☆

椅子に座った状態でもできる背中ストレッチがあるので、是非あわせて取り入れてみてください♪

仕事中、椅子に座っていてもできる☆効果的な背中ストレッチ5選

椅子に長時間快適に座るためには?

お仕事で、椅子に長時間座っている方は多いですよね。

長時間椅子に座っていると、姿勢が悪くなって腰に負担がかかったり、ずっと同じ体勢でいることで、下半身が凝り固まってしまいます。

また、血行が悪くなるので、心臓から離れている下半身は老廃物がたまってだるくなったり、つま先にかけて冷えやすくもなるのです。

職場で椅子に座っている時間をなるべく快適に過ごすためには、下半身に負担をかけないように良い姿勢を保てるグッズや、冷え対策ができるグッズを活用するのがおすすめです。

  • 背もたれにクッションを置く
  • 背中にホッカイロを貼る
  • 膝掛けを使う
  • 椅子の大きさくらいの電気毛布を使う
  • 靴の中に貼れるホッカイロを使う

猫背を緩和するだけでも、下半身への負担を減らすことができます。

また、職場は暖房が効いていても顔だけが暑くて、下半身は冷える場合も多いので、常に冷やさないように意識してみてください。

ストレッチだけじゃない☆下半身の疲れを取る方法

私は、下半身の疲れをよりしっかり取るために、ストレッチ以外にもこんな方法を取り入れています。

湯船に浸かる

湯船に浸かることは、全身の疲れをとるために非常に効果的です。

湯船に浸かると、お湯の温もりで、自然とリラックスをしている時にはたらく副交感神経が優位になっていきます。

冷えで凝り固まった身体がほぐれていくので、お風呂から出た後にストレッチをするのもおすすめです♪

お風呂後眠る前に取り入れやすい寝ながらストレッチもあるので、参考にしてみてください♪

下半身太り解消♪寝ながらできる簡単ストレッチ6選☆

マッサージ

ストレッチだけでなく、私はお風呂後に下半身のマッサージも取り入れています。

私は、同時に保湿もしたいので、ボディーオイルを馴染ませながら、ふくらはぎ・脚の裏をほぐしています。

痛きもちいくらいの強さで足裏のツボを押すのがおすすめです。

とにかく身体を冷やさない

身体が冷えると、凝りやすく、むくみやすく、脂肪も溜まりやすくなります。

冷えは、下半身太りに直結するので、とにかく身体を冷やさないことが大切です。

対策方法はいろいろあるのですが、私は以下のような冷え対策を取り入れています。

  • 家では素足で過ごさない(もこもこ靴下を履く)
  • 常温or温かい飲み物を飲む
  • お風呂から出たらすぐに髪の毛を乾かす
  • 下半身のインナーにヒートテックレギンスを活用する
  • 寝具は温かくて寝心地の良いものを使う
  • 眠る時、足元には湯たんぽを入れる

冬場の冷え対策は、私も毎年の課題なのですが、ストレッチをするだけでも身体がポカポカしてくるので、それに加えて冷え対策グッズなどうまく活用してみてください(*´-`)

私が下半身ストレッチで痩せた話

実は、私はストレッチの甲斐があって、随分と下半身がスッキリ痩せました。

下半身太りの原因は、日々の姿勢や体勢による疲れが蓄積して、どんどん脂肪へと変化していくことが大きな原因です。

私たちは、年齢とともに筋肉量が減って、代謝も落ちるので、下半身が太りやすくなってしまうんですよね。

だからこそ、毎日の下半身の疲れを溜め込まないように、ストレッチでその日のうちにリセットすることが大切です。

私は、下半身をほぐすことを日課にしてから、本当に痩せやすくなりました。

簡単なストレッチでも、毎日続けることに意味があります♪

お腹や腰回りの脂肪はもちろん、太ももやふくらはぎ、お尻をキュッと引き締めたい方、是非下半身ストレッチを取り入れてみてください(*´-`)

まとめ

いかがでしたか?今回は、椅子を使った、下半身に効く簡単ストレッチをご紹介しました(^^)

ストレッチは、面倒臭くて後回しになりがちですが、簡単なストレッチでも毎日続けることで、下半身太りを予防できますよ☆

今回ご紹介しているものは、椅子を使ったストレッチなので、職場や家でも簡単に取り入れられます☆

下半身の疲れが蓄積すると、脂肪はどんどん増えてしまうので、足のむくみ・だるさ・冷えなど、少しでも心当たりのある方は、下半身ストレッチを日々の日課にしてみてください♪

こちらの記事もご覧ください仕事中、椅子に座っていてもできる☆効果的な背中ストレッチ5選