頭皮や髪の乾燥は「保湿シャンプー」で解決!今日からできる乾燥対策☆

髪のお悩みで多い、パサつきやかゆみ、フケなどのトラブル。

これらは、頭皮や髪の毛の「乾燥」が大きく関係しています。

顔の皮膚も、乾燥から色々なトラブルが起こるように、頭皮や髪の毛も、乾燥から様々なトラブルにつながりやすいのです。

そのため、日々のヘアケアで、乾燥対策をしていきましょう。

頭皮や髪の保湿ケアには、「保湿シャンプー」が効果的ですよ。

今回は、保湿シャンプーを選ぶ時のポイントや、おすすめのシャンプー、今日から始められる乾燥対策などなど、盛りだくさんでお伝えしていきます。

シャンプーで頭皮や髪の保湿ケアができる?

のパサつきや、頭皮の乾燥対策に人気の「保湿シャンプー」

シャンプーは、髪や頭皮の汚れを落とすことが目的ですが、実は、シャンプーで保湿ケアができるんです♪

シャンプーの配合成分は、水と洗浄成分がメインですが、保湿シャンプーには普通のシャンプーと比べて、潤い成分が豊富に含まれています。

髪や頭皮に適度な潤いを与えることで、パサつきやゴワついた髪を滑らかにし、頭皮環境を整えます。

洗顔料などでも同じことが言えますが、保湿成分が入っていない(少ない)、洗浄力の強い洗顔料で顔を洗うと、

肌がつっぱって乾燥し、敏感になって赤くなったり、ヒリヒリしたり、吹き出物ができることもありますよね。

私は乾燥性敏感肌なのですが、こういった乾燥トラブルは何度も経験してきました。

頭皮も、洗浄力の強いシャンプーを使うと、乾燥してバリア機能が弱ってしまい、ちょっとした刺激に反応して、炎症を起こしたり、かゆみやフケなどの原因になります。

特に、髪が乾燥している方は、かゆみやパラパラとしたフケが出るのが特徴的です。

一方で、洗浄成分に加えて、保湿成分もしっかり配合された洗顔料は、洗い上がりのつっぱり感や乾燥などの不快感を感じさせませんよね。

シャンプーも同じで、汚れを落としつつも、適度な潤いを与えることで、頭皮や髪のコンディションを保ちやすくなります。

そのため、保湿シャンプーで、乾燥や炎症、かゆみを解消することは十分に可能です(^^)

また、保湿シャンプーは、髪の毛を柔らかくしたり、手触りを良くしたり、ハリコシアップ、髪を保護する効果も期待できます。

そんな保湿シャンプーは、早速使ってみたいところですが、ドラッグストアのヘアケアコーナーだけでも、たくさんの種類のシャンプーを見かけますよね。

いったいどれを選んだらいいのやら…と悩んでしまう方も多いと思います。

今回は、保湿シャンプーを選ぶときのポイントやオススメ品などもご紹介していきますね。

まずは、頭皮や髪の毛の乾燥チェック☆

先ほどもお伝えしましたが、頭皮のかゆみやパラパラのフケ、髪のパサつきやゴワつきなどは、「乾燥」のサインと言えます。

ただ、これらの症状が出ていなくても、乾燥している場合はありますし、自分の頭皮環境を把握しておくことは、シャンプーを選ぶときの重要な手がかりになります。

健康な髪を生やすには、土台となる頭皮環境がとっても重要です。

ちなみに、頭皮環境を整えてくれるのはシャンプーだけ!

そのため、自分の頭皮の状態に合わせてシャンプーを選ぶのが大事なんですね〜。

自分の頭皮が乾燥しているかどうか、チェックしてみましょう☆

【頭皮の乾燥チェック方法】

  1. まずはいつも通り、お風呂で髪を洗います
  2. 髪を乾かします。8割適度でOKです
  3. あぶらとり紙を、額の生え際とツムジに当てます(落ちないようにヘアピンなどを使って留めましょう)

このとき、

〜30分で油がついたら脂性肌

〜1時間で油がういたら普通肌

2時間たってもつかなかったら「乾燥肌」

になります。

頭皮が乾燥している方は、血行不良による栄養不足なども関係して、髪の毛が全体的に乾燥しやすいので、高保湿シャンプーで日々のケアをしていきたいですね。

保湿シャンプーを選ぶときのポイント

頭皮や髪の乾燥を改善するために、保湿シャンプーを選ぶコツをお伝えします。

アミノ酸洗浄成分

シャンプーの洗浄成分はとても重要度が高いです。

洗浄力が強すぎて、頭皮に負担が大きいシャンプーはNGです。

保湿シャンプーを選ぶときは、低刺激で洗浄力がマイルドな、アミノ酸系シャンプーを選びましょう。

こちらの記事(→アミノ酸シャンプーの成分を解説☆良いシャンプーか見極めるコツとは?☆)

にも詳しくまとめていますが、アミノ酸シャンプーかどうかを見分けるポイントは、成分表にあります。成分表に

  • ココイル〇〇
  • ベタイン〇〇
  • メチルアラニン〇〇

といった表記は、アミノ酸シャンプーを表します。

特に、「ココイルグルタミン酸TEA」は、髪のコンディショニング効果が高く、キューティクルを整えて、手触りの良い髪に仕上げてくれます。

また、「ラウロイルメチルアラニンNa」は、アミノ酸系シャンプーの中でも、頭皮や髪への優しさと高い洗浄力を兼ね備えています。

アミノ酸シャンプーは、肌に優しいが故に、洗浄力が物足りなく感じることもあるので、その点もしっかりカバーしてくれますよ。

成分表は、配合量の多いものから順に表記されるので、これらのアミノ酸洗浄成分が、上位にくるシャンプーを選ぶと良いでしょう(^^)

洗浄成分が合うor合わないは、かなり大きい問題なので、保湿成分うんぬんよりも、まずはとにかく低刺激なシャンプーにに変えてみる!というのでも良いでしょう。

保湿成分や植物性のオイル

頭皮や髪の乾燥対策には、保湿成分や植物オイル、植物エキス配合のものを選びましょう。

植物性オイル

植物性のオイルは、髪のパサつきやゴワつき、広がりのある方にオススメです。

髪を柔らかくしてくれるので、太くて硬い髪も扱いやすくなります。オススメは、

  • アルガンオイル
  • ホホバオイル
  • オリーブオイル
  • シアバター

などです。植物オイル配合のシャンプーは、頭皮を潤して健やかな状態を保ち、髪をしっとりと整えてくれます。

カラーやパーマで傷んだ髪にも◎

天然の植物エキス

天然の植物エキスは、オイルだとベタつきが気になる方や、髪が細くて少ない方にもオススメです。

  • 海藻エキス
  • 大豆エキス

などは、保湿成分を生成し、肌そのものの保湿力を高めてくるれるので、頭皮の活性化に効果的な成分です。

保湿成分

シャンプーによく配合される高保湿成分の中でも、

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • セラミド
  • リピジュア

などはオススメです。頭皮や髪の保水力や、ハリコシアップに効果的な優れた保湿成分です。

天然エキスや植物エキスと合わせて配合していると、頭皮環境や髪質の向上に、さらに効果的ですよ。

これらの保湿成分も、成分表の中で上位にあると、より高い保湿効果が得られるはずです。

髪質や、好みの仕上がりに合わせて、保湿成分を選ぶと良いでしょう。

頭皮や髪の乾燥にオススメの保湿シャンプー☆6選!

では、オススメの保湿シャンプーをご紹介しますね。

ジョンマスター  イブニングPシャンプー N 2700円

ドライな頭皮や髪の毛に潤いを与え、根元から毛先までしっとりとツヤのある髪へ導くオーガニックシャンプーです。

ジョンマスターで女性人気No,1のロングセラーシャンプーがリニューアル。

髪や頭皮に潤いを閉じ込めるため、植物成分を厳選しています。

保湿力の高い月見草油やカミツレ花エキスを贅沢に配合しており、カラーやパーマで乾燥しがちな頭皮や髪を潤しながら洗い上げます。

さらに、濃厚なテクスチャーで、泡立ちもアップ!摩擦を抑えて、髪を傷めずに洗い上げます。

ダメージの目立っていた髪も、落ち着いてまとまりやすくなりますよ。

イランイランの深い香りも人気の秘密。

haru 黒髪スカルプ プロ 3600円

無添加のノンシリコンシャンプーです。

天然ヤシ由来のアミノ酸系洗浄成分配合で、低刺激だけど洗浄力はバッチリ!

ノンシリコンなのに泡立ちも良いです。

頭皮、抜け毛、黒髪のケアが一度にできます。

また、22種類のエイジングケア成分を配合しており、育毛効果や白髪対策にも効果的です☆

白髪染めによる髪の傷みも回避できるので、40代〜年齢髪のケアにも最適なシャンプーですよ。

シャンプーに含まれる天然の精油が、ダメージを補修しながら髪をコーティングするので、リンス・コンディショナーは不要です♪

LOVEST(ラベスト)by air ヘアケアシャンプー 1500円

青山や銀座で有名や美容院、LOVEST by airが共同開発したシャンプーです。

メチルアラニンやベタイン系のアミノ酸洗浄成分を配合しており、低刺激なのに洗浄力も期待できます。

3種類のヒアルロン酸や、ケラチンをつくる必須アミノ酸、ヒマワリ種子エキスなど、植物エキスも豊富に配合されており、潤い・ツヤ・ハリコシのある髪に導きます。

香料が多いことと、ほんの少しシリコン入りなのが気になりますが、お手頃価格で、クオリティーの高いシャンプーを体感できますよ。

ハニーチェ ディープモイスト リペアシャンプー 900円

口コミで人気が広がった、プチプラの保湿シャンプーです。

オーガニックのフラワーオイルや、ハチミツ、天然由来のアミノ酸が、頭皮や髪にたっぷりの潤いを届け、乾燥から守ります。

また、髪のダメージ補修効果も!

UVダメージにはシアバター、熱ダメージにはナノリペア、カラーリングによるダメージにはエルカラクトンを配合し、髪の内側からも外側からもアプローチします。

ノンシリコンとは思えないほど、潤ってツヤのある、指通りの良い髪に導きます。

ハーブガーデン シャンプー 4000円

サロン品質の仕上がりに導く、天然由来成分100%のオーガニックシャンプーです。

ベースとなる精製水には、オーガニックハーブティーを使用しています。

アミノ酸の洗浄剤を数種類配合しており、髪への優しさと洗浄力は文句なしです(^^)

髪の毛の補修成分や保湿成分、ターンオーバーの促進成分なども配合しており、頭皮環境を整え、ハリコシ・ツヤのある髪に導きます。

石油系界面活性剤、シリコン、合成香料、着色料、防腐剤不使用となっており、かゆみを悪化させるような刺激物も出来るだけ含まれていません。

低刺激なシャンプーを探している方、植物の力で、頭皮環境を改善したい方におすです。

ボタニストボタニスト ボタニカルシャンプー(モイスト)1400円

超人気商品!こだわりの植物由来成分がたっぷりと含まれた保湿シャンプーです。

水とグリセリンをメインに、保湿成分とアミノ酸洗浄成分で構成されています。

保湿成分が豊富で、サトウキビエキス、せらみど2、加水分解ヒアルロン酸、加水分解コラーゲンなどがバランス良く含まれているので、

コンディショナーやトリートメントをたっぷりつけなくても、しっかり潤います。

アミノ酸洗浄成分には、洗浄力の低いものと高いものをバランスよく配合しているので、汚れ落ちも安心。

抗炎症作用のある、デグリチルリチン酸2Kを配合しているので、頭皮が弱い方や、頭皮環境が荒れやすく、かゆみやフケが気になる方にもオススメです。

頭皮や髪の毛の乾燥を招く悪習慣を改めよう

保湿シャンプーを選ぶコツや、オススメのシャンプーがわかりましたね。

保湿シャンプーを日々取り入れることで、頭皮や髪の乾燥が改善されて、徐々にトラブルは起きにくくなるでしょう。

また、保湿シャンプーの効果を得るためには、頭皮や髪が乾燥する原因を対策する必要もあります。

頭皮や髪が乾燥する原因は、髪の扱い方や、生活習慣の中に隠れているかも。

例えば、以下に当てはまる方は、知らず知らずのうちに頭皮や髪を乾燥やダメージを与えているので、注意が必要です!

  • 髪の毛を1日に何度も洗う
  • 熱いお湯ですすいでいる
  • ビタミン不足
  • 運動不足
  • 睡眠不足
  • ドライヤーやヘアアイロンの熱ダメージ
  • 紫外線ダメージ
  • 冷暖房による乾燥

洗いすぎや、熱いお湯ですすぐのは乾燥の元なので、シャンプーをするときに意識してみてくださいね。

運動や睡眠、栄養不足は、体調や肌状態も含め、髪の状態にもてきめんに現れてしまいます。

簡単な有酸素運動や入浴を取り入れたり、睡眠時間をいつもより30分長くとるようにしたり、いつもより野菜を多く食べるようにするなど、工夫をしてみてください。

また、日々の生活の中で使うドライヤーやアイロン、季節がらみでは紫外線や冷暖房も、髪を乾燥させる大きな原因になります。

ドライヤーやアイロンは、事前にヘアオイルやスタイリング剤を仕込ませてから、使うようにしましょう。

髪には、UVスプレー・日焼け止めサプリ・日傘・帽子などでUVケアを忘れずに。

冷暖房は、直接、髪や頭皮に当たらないように気をつけてみてくださいね。

シャンプー以外の保湿ケア方法

シャンプー以外にも、頭皮や髪の保湿ケアを取り入れていくと、より効果的です。

どんなお手入れ方法があるのでしょうか?

トリートメント

トリートメントは、髪の内部に浸透し、潤いや栄養を与えて、ダメージ補修をするヘアケアアイテムです。

トリートメントの中でも、保湿成分を豊富に配合しているものを選ぶと、より効果的です。

美髪を手に入れるなら、トリートメントは、週に数回〜毎日取り入れましょう。

保湿シャンプー+トリートメントの組み合わせで、いち早く綺麗になりましょう♪

髪の毛が傷んでいても諦めないで!トリートメントで効果的に栄養補給をしよう☆

ヘアオイル

ヘアオイルやクリーム、ミルクなどは、シャンプーやトリートメントのように洗い流さないので、保湿成分を髪や頭皮に浸透させて維持しやすいです。

ドライヤーやアイロンなどの熱ダメージや、紫外線、冷暖房による乾燥ダメージなど、1日中降り注ぐ、外的刺激から髪を守ってくれます。

せっかく保湿シャンプーやトリートメントで、頭皮や髪を保湿しても、外的刺激にやられてしまっては意味がありません。

特に、オイルは外的刺激から守る効果が高いので、保湿シャンプーやトリートメントと組み合わせて使うとgoodですよ♪

こちらの記事もご覧ください→ヘアケアにはオイルが万能!美髪になれるおすすめのヘアオイル☆6選!

食事やサプリ

髪の乾燥は、栄養バランスの偏りも関係しています。

髪の約95%がケラチンタンパク質でできており、これらの生成には18種類のアミノ酸・ビタミン・ミネラル(亜鉛など)を中心に、必須脂肪酸やイソフラボンなど、様々な栄養素がバランスよく必要です。

特に、アミノ酸はタンパク質をつくる土台となるので、不足すると乾燥しやすいですから、毎食取り入れていきたいですね。

特に、アミノ酸スコアの高い、卵・牛乳・ヨーグルト・肉(牛・豚・鶏)・魚(あじ・いわし・さけ・まぐろ)などを取り入れながら、タンパク質の吸収を助けてくれる、ビタミンやミネラル(野菜や海藻類など)も一緒に取り入れましょう。

潤いのある、健康な頭皮や髪を手に入れるためには、栄養価の高い食事がベースとなりますが、足らない栄養素はサプリメントも上手に取り入れると、無理なく続けられるのでオススメです。

食事やサプリについては、以下の記事を参考にしてみてください♪

髪の毛の不調は栄養不足が原因?頭皮や髪の健康を保つ食事とは?

髪の毛に必要な栄養をバランスよく摂れるサプリメントとは?

まとめ

いかがでしたか?今回は、髪の乾燥対策に効果的な、保湿シャンプーについて詳しくお伝えしました。

保湿シャンプーは、乾燥によって乱れた頭皮環境を整えてくれます。

頭皮のコンディションが整えば、頭皮のかゆみやフケなどのトラブルが解消し、潤いやハリコシのある髪の毛も生えやすくなりますよ。

また、保湿シャンプーは、パサついてごわついた髪も潤して、しっとりと整えてくれます。

また、シャンプー以外の保湿ケアや乾燥対策も取り入れると、早い回復が期待できますよ(^^)

自分にできそうなものから、是非取り入れてみてくださいね♪

こちらの記事もご覧ください→髪の毛の栄養補給よりも優先すべきお手入れとは?まずはシャンプーで頭皮ケアを☆